<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「いのちをいただく おむすびごはん」やります!

えとうです。前の記事に書いたエ・コラボ提案の東日本大震災チャリティイベント「絆創幸(バンソウコウ)」に参加するCATの企画のお知らせです!なかなかのチャレンジ企画、ぜひご参加をお待ちしています!

東日本大震災チャリティイベント「絆創幸(バンソウコウ)」参加企画
「いのちをいただく おむすびごはん」

あの日から1年が経とうとしています。
被災地を「支援」したいと思っていろいろ考えてきたけど、結局なにもできないままの日々が過ぎていきました。だんだん「支援」の他になにかできることはないのかなぁと考えるようになって、そのうち「近くにいる人とつながる」ことが大切だと思うようになったのです。そうすると、ふと目の前の道が開けた気がしました。

今、東日本では原発事故の影響によって、安心して食べるということができなくなっています。特別なことではない「食べる」という行為が、特別なことに変わってしまったのです。私たちの食卓をよくよく考えてみると、そこにも特別なことではないはずのものが、特別なことになってしまったものがあることに気付きます。

「いのち」がそこにあるということ。

私たちは生きとし生けるものの「いのち」をいただいて生きています。だからこそ、水や緑や土や空気などの自然がとても大切なのです。東日本大震災は、これらのことを改めて思い出させてくれました。

そんなことを考えながら、みんなでごはんを作って、食べて、おしゃべりがしたいと思います。「いのち」を結んでおむすびをつくって、「いのち」をいただきます。そして、みんなの縁が結ばれますように。

●と き 2011年3月3日(土)9:30~13:00
      9:30に太宰府市総合福祉センター玄関前集合(開場は10時からです)
●ところ  太宰府市総合福祉センター(太宰府市白川2-10)調理室2F
●内 容  鶏を生きている状態から絞めて調理し、かしわめしを作ります。
       その他、汁物と漬物を作る予定です。参加者は鶏をさばいた後から調理に参加します。
●対 象  親子10組(先着順)※大人だけでも受け付けます!      
      ※鶏を絞めて、調理して、食べる一連の内容を体験できる心構えのある方が対象です。
●参加費  1家族1,000円
●申 込  2/29(水)3/2(金)12:00までに参加者全員の氏名、年齢、電話番号を記入し、電子メールで
       下記までお申し込みください。
       アドレス:dazaifucat@yahoo.co.jp
●準備品  エプロン、タオル、その他必要と思われるもの
●注 意  ショッキングな内容ですので、親子でしっかりと相談した上でお申し込みください。
       特にお子さんには心の準備とフォローが大切です。
●ゲスト   井口和泉(料理家)、斉藤マチ子
●企画制作 CAT



重いテーマをほんわかさせてくれるこのチラシ、デザインはみき巨匠です!
f0048597_1804437.jpg


f0048597_1812062.jpg

by cat-diary | 2012-02-14 18:21 | 東日本大震災