<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

みんなでおもしろいことを考えるトークセッション「第3回 喫茶去」のレポート

えとうです。レポートがとっても遅くなりましたが、第3回喫茶去も盛況のうちに終了しました。平日の昼間と言うことで新しい客層に期待しつつも、ひとりCATだったので心配していましたが、もー、これがびっくりで人がどんどん集まって大変なことに!結局45名のお客さんにお越しいただいて、あまりの多さに入り口で帰っていかれた人もいたほど。いやー、びっくりした、ほんとに。↓ こげなふうです。人が来るたびに「すんません、すんません」と隙間に入り込む。さすがセレブでラグジュアリーなエ・コラボカフェ、大人気。

f0048597_2134370.jpg

さてさて、本日のゲストは工房まるの樋口龍二さんです。樋口さんとは、過去の年表を紐解くと、企業メセナ協議会主催のシンポジウム「文化で魅力ある地域づくり~市民、企業、行政の役割~」というのが2006年2月にイムズホールでありまして、このブログにすら恥ずかしくて書いてなかったんですけどパネラーとして参加してて、そん時にお会いしたのが最初。その時から「おもしろい人だなー」とずっと気になってて、お話できるチャンスだから喫茶去にぜひゲストとしてお招きしよう!と思いついたのでした。しかもエ・コラボカフェでやったら、またなんかおもしろいことになるんじゃなかろうかという予感がして、いろんなタイミングがピシャーとあったわけなんです。というわけで樋口さんのお話。

f0048597_2132862.jpg

樋口さんが工房まるに関わる前夜から始まって、これからの"まる"の動きまで盛りだくさんのトーク。一言で言ってしまえば、めちゃくちゃおもしろく刺激的なお話でした。やっぱすげー。

まず、工房まるの「いろんな言葉のmaru的再定義」を読んでほしいんですけど、これが目からウロコ。今まで違和感を感じていた障がい者と呼ばれる人と自分との距離感がすっと縮んだ気がしました。「障害」は人や社会との「あいだ」で生まれるもので、その人が社会や人とコミュニケーションを行う際、困難にさせている感情的、物理的な要素であって、やっぱり障がい者と呼ばれる人と自分たちは一緒じゃないか、と。その一方で、やっぱり障がい者とふれあう機会が少ないので、フラットな気持ちとは裏腹にどうすればいいかわからんくて緊張してしまうんだろうなと思う。ともかく、樋口さんたち"まる"のメンバーたちは「障がい者」という枠を超えた関係づくりをしているので、そこがおもしろいんだと思います。

f0048597_2135562.jpg

工房まるは、いろんなイベントやオリジナルグッズの制作などをしているんですけど、そういった表現活動を行うことによって社会と繋がろうとしています。どうしても今は「アート」みたいなイメージが先行してしまいがちですけど、基本は社会との関係性づくり。それと「工房まる」という場所自体を、家族や友達や恋人を誘いたくなるような場所にしたい、ここから何か始まる場所にしたい、いろんな人の立場にたって、みんながいちばんおもしろいような何かがしたい。そういった想いがあるそうです。これって、あれです、CATですよ。これを太宰府という場所に置き換えれば一緒です。すごく共感しました。

おもしろいことは、いろんな人との関係性の中から生まれていくものだと思います。樋口さんのトークのあとのフリートークでも出た話ですが、何かしたいという思いはあるのに、その何かをする場所がない。だからその社会(場所、もの)と関わるシステムをつくる。まさにこういうことがこれからCATがやっていきたいことです。「何かおもしろいことがしたい」、「何かおもしろいことをする場をみんなでつくる」、「いろんな人と関わってもっとおもしろいことになっていくのを楽しむ」、これをやりたい。それはブレない。CATの方向性はいい感じにいってるじゃないかと思って非常に勇気が出ました。

喫茶去を第3回まで続けてきて思ったことですが、いずれのゲストも自分が考えていることを言葉にして相手に伝える能力が非常に高い。これは何かをするにあたってホントに大事なことだと思います。はっきり言って自分にはそれがない。CATにはその空想言語化能力に長けたヤトウマル(元気?)がいましたが(というか今もいますが)、現在子育て中のため休業してるんであれです。誰か急成長してそんな才能が生まれてこんかなーと切望。

というわけで、フリートークは樋口さんのおもしろい話に刺激されたのか予定を1時間半もオーバーしました(笑)お付き合いいただいたみなさん、本当にありがとうございました!それと、もちろん樋口さん。なによりもステキな空間をご提供いただいたエ・コラボさん。本当にありがとうございました!エ・コラボさんのブログでは喫茶去で生まれた不思議な縁のお話()も紹介されてますのでご一読を。それと心強い猫のとおりみちも。

第4回ですが、まだどうするか決まってません。たぶん9/29(火)にやります。担当はヤマグチメンバーですが、どうしよっかねーと話しているところです。今度ミーティングだ。

※後日談…第2回ゲストの高良さんががんばっているサンセットライブ2009に行ったら、第3回ゲストの樋口さんがブースの出展しててお会いしました。どこまでも繋がる人の連鎖。縁って不思議やなー。

by cat-diary | 2009-08-27 02:12 | 喫茶去

第3回喫茶去のお知らせ!

えとうです。
遅くなりましたが、第3回喫茶去のお知らせです!今回は平日の昼間ということで新しい層のお客さんに来ていただければと思います。遊びに来て下さいねー。
あ、場所がわかりにくいと思うので、エ・コラボさんのHPをご覧下さい。写真入でわかりやすいです。駐車場はめちゃめちゃ広いのでご自由に。

******************************************************
『第3回喫茶去』
□日時:2009年8月25日(火)14:00~16:00
□場所:エ・コラボ事務所(太宰府市大字通古賀197-2)
     太宰府市民プール前・看護学校跡地内
     西鉄都府楼前駅から徒歩約5分
□ゲスト:樋口龍二(ひぐち りゅうじ/NPO法人まる代表理事)
障がいのある人たちのさまざまな表現活動と社会をつなぐ中間組織として、また、アートと社会の新しい関係をつくるための企画や講演などを福岡を中心に各地で展開している。また、工房まるの他、エイブルアート・カンパニー福岡事務局長、NPO法人Co.D.Ex理事など多くの団体を掛けもつ。

今回の喫茶去は、工房まるの樋口さんをお招きして、心身に障がいのある人たちの表現活動や地域との関わり方など、既存の障がい者福祉のイメージを超えた工房まるの活動を中心にお話していただきます。そして、今回の会場となるのはエ・コラボカフェ。エ・コラボは、知的障がいのある子ども(成人)と保護者、ボランティアさんで、障がいのある人たちの「働く場」を作ることを目的にした太宰府市にある団体です。そんなエ・コラボが毎月開催しているエ・コラボカフェは、ゆるやかなネットワークづくりを目的に、ふらっと寄ってお茶を飲んでお話しできる場所なのです。前半は樋口さんのトーク、後半はみんなでフリートークとなります。お茶を飲みながら、楽しいお話をしましょう!
※今回の参加費はエ・コラボカフェとのコラボなので100円です。

・工房まる http://maruworks.org/news/
・エ・コラボ http://ecopisu.blog102.fc2.com/


f0048597_25510100.jpg

by cat-diary | 2009-08-19 02:36 | 喫茶去

みんなでおもしろいことを考えるトークセッション「第2回 喫茶去」のレポート

えとうです。
第2回喫茶去、突然の雷雨に見舞われながらも、無事終了しました。雷雨で電車が遅れたらしいけど、どうしてこうも雨が降るかね…。最終的には19名集まりました。初めての方や、遠方の方までお越しいただいて大変ありがたいことです。

f0048597_393896.jpg

さてさて、第2回のゲストスピーカーはビーチカフェサンセット店長かつサンセットライブの会場責任者も務める高良太一さんです。この日、初めてお会いしましたが、太陽のようなさわやかさで目がクラクラしました!糸島、海、音楽…これまでのCATの活動や太宰府にはなかった刺激的なお話をしてもらおうという目論見ですが、これがもうまんまと目論見どおりで、ものすごい外からの風が吹いて新鮮!なおかつおもしろい!高良さん、すごい!

どうでもいい話ですが、ボクは今でこそ太宰府市役所にいますけど、サンセットライブと海と山に憧れて志摩町役場を時同じくして受験していました。残念ながら最終面接で落ちて、合格したのが太宰府市。もし志摩町役場に行ってたら…と妄想膨らむ夜となったわけで。

f0048597_395523.jpg

もうすぐサンセットライブ本番を間近に控えていますが、みなさんサンセットライブ行ったことあります?音楽だけじゃなくてその空間にいるだけでも十分楽しめちゃう福岡が誇る野外音楽フェスティバル。ボクの夏はサンセットライブとともに終わります。

で、サンセットライブ。元々は、海が大好きなサーファーたちが自分たちがサーフィンをしている海を見て、ゴミ多いぞ、と。自分たちでゴミを拾ったりビーチクリーンをしていく中で、これはみんなに環境問題を考えてもらわないかん!と思ったサーファーたちは、よっしゃ人を集めて多くの人にメッセージを伝えよう!と動き出したわけです。その中心となったのがサンセットカフェのオーナーをはじめとするサンセットカフェに出入りしていたサーファーたち。サーファーたちは人を集めるにはどうしたらいいか、と考えたところ「音楽すれば人集まるやろ!」ということでサンセットライブがはじまったそうです。それがもう今年で17回目ですよ、続けていくこともすごいけど、毎年毎年新しくなっていくこともすごい。

f0048597_2115879.jpg音楽で、糸島(志摩町)という場所でしか伝えられないことを伝えるために、地元の人たちに対して粘り強く説得し続け、会場やゴミ拾いも全部自分たちの手づくりでしてきた。こうした活動の中で、自分たちにとって当たり前の自然が外から来た人たちによって気づかされるところもあったり、自然に対する感謝の気持ちとこの環境を次世代に伝えていきたいという気持ちがどんどん芽生えてくる。自然と遊びたいから、という純粋な気持ちがここまで洗練されていくとこんなにすごいことになるのかと思うと、ただただ驚くばかり。




今となっては、有名なアーティストからCDとプロフィールが送られてきて「出演したいです!」という逆オファーが来たり、ボランティアとして関わった人たちが毎年この日だけ戻ってきたり、アーティストにとってもスタッフにとってもお客さんにとっても大事な場所になっている。そうなっているのも、高良さんをはじめとするサンセットカフェのみなさんのホスピタリティがすばらしいからだと思います。ライブ当日は、サンセットカフェのシェフと厨房を全部会場に持ってきてアーティストに地産地消のご飯を提供したり、一文無しの若者をボランティアスタッフとして自宅に招きいれたり。それだけじゃなくて、何よりも大事なことは「お客さんに喜んでもらうためにはどうしたらいいか」ということが常に基準で、本当の意味で無償の愛を届けているのです。

すごいと思いませんか?毎年大変なのに、きついのに、いろんなことに挑戦し続けて、かゆいところに手が届くようにしていく原動力、これは純粋におもてなしの気持ちからなのです。辛くなったりきつくなったら海に入ってサーフィンをする。そうしたら「地球ってでかいなー」と全ての気持ちが浄化されて、がんばろ!って回復するそうです。ごめん、サーファーのみなさん、今まで一方的な偏見もってました(笑)
伝えたいことを伝えること、おもてなしの気持ち、その場所の自然への感謝。学ぶべきところが多すぎて、なおかつ目からウロコ。高良さん、まぶしすぎるぜ。何よりも身にしみたのが、「自分にはいろんな人に伝えた責任がある。期待に応えたい」という言葉です。その強さに憧れます。

会場の皆さんからもいろんな感想をもらいましたが、ここには書ききれず。今回の話は自分にとってあんま関係ないかな、と思いながらも来ていただいたお客さんが結構おられたみたいですけど、最終的には驚きと感動の感想をいただきました。あとこの場を借りてお詫びしますが、全員に感想を求めたのに抜けてしまったキモトメンバーごめんなさい。後ろにいたから気づかんやったよ。すまんこってす。


f0048597_310723.jpg

そんでもって、こんな熱いトークをさらに熱く、かつ和やかにする飲み物をサーブしてくれたのは3po cafeの上野さんです。3poのコーヒーもフェアトレードだったり、オーガニック豆だったり、その他の飲み物やお菓子も無添加で体にやさしく環境に配慮したものを提供してくれます。そういった意味でもサンセットと通じるものがありましたね。上野さんは生まれも育ちも太宰府で、太宰府に並々ならぬ想いを寄せています。CATもがんばれ!と激励を受けました。毎度ありがとうございます!

それと会場となったCOANを快くお貸しいただいた斉藤工務店さんにも感謝!やっぱCOANの居心地は最高です。ありがとうございました!

こうして第2回喫茶去は終了。2回目にして、すでにこのシリーズの手応えを感じています。次回くらいからは徐々に具体的なプランを考えながらいきたいなーと思っています。そうそう、第1回~3回まではエトウプロデュースで行っていますが、9月の第4回はヤマグチメンバー(ぐっさん)、10月はツツミメンバー(エリツィン)、11月はアカガワメンバー(こけし)、12月はトドロキメンバー(今年で38才)で予定しています。お楽しみにー。

※第3回の詳細は後日お知らせしますが、8/25(火)14時くらいからエ・コラボカフェで行おうと思います。お楽しみにー。

by cat-diary | 2009-08-07 23:08 | 喫茶去

「第2回喫茶去」のお知らせ!

えとうです。第2回喫茶去もよろしく!
f0048597_18441686.jpg

『第2回 喫茶去』
□日時:2009年8月7日(金)19:00~21:00
□場所:斎藤工務店モデルハウスCOAN(太宰府市五条1-10-25)
    太宰府消防署東出張所前 西鉄五条駅から徒歩約5分
□ゲスト: 高良太一(こうら たいち/ビーチカフェサンセット店長)

※プロフィール:1998年、アルバイトスタッフとしてビーチカフェサンセットに入店し、現在は店長を務める。また、サンセットライブでは会場内の責任者、またアルバイト・ボランティアスタッフの担当をしている。

第2回のゲストは高良太一さんです。高良さんはビーチカフェサンセットの店長であり、全国の音楽好きが楽しみにしてやまない糸島の芥屋海岸で開催されるサンセットライブの会場責任者でもあります。糸島という場所で、どのようにしてサンセットライブが地域と関係しいるのか、どうしてこんなにも人をひきつけるのか。サンセットライブの人気と、糸島のすばらしさをお話していただきます!前半は高良さんのトーク、後半はみんなでフリートークとなります。お茶を飲みながら、楽しいお話をしましょう!

さらに!!
なんとCOAN(コアン)3po cafe(サンポカフェ)がやってきます!
普段はモデルハウスのCOANが、普段は移動式カフェの3pocafeが、この日だけは喫茶店に大変身!建築好きのあなたも、コーヒー好きのあなたも、トーク好きのあなたも、この日は全て味わうことができて500円ポッキリ!たまりません!

「喫茶去」では1ドリンク付ですが、3po cafeでは他にもいろんなドリンクやスイーツをお楽しみいただけます(別料金)。なかなか太宰府ではお目にかかれない3po cafeですので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

駐車場は若干ありますが、なるべく公共交通機関もしくは太宰府市役所契約者駐車場(空いている所で夜間のみ)をご利用ください。
(来客者駐車場は夜間は施錠されますのでお気をつけください。)

by cat-diary | 2009-08-02 21:18 | 喫茶去