小石原で続茶碗づくり

f0048597_22163751.jpgえとうです。

先週に引き続き小石原へ。今日は高台(茶碗の底の部分)を削ります。普通、陶芸教室なんかにいくとこの作業は難しくてやらないそうです。でもこの作業をするかしないかで、その茶碗に物語が生まれるかどうかが決まってくるのであります。ろくろ組はろくろで削り、手びねり組はピーラーみたいなので削ります。削りすぎると穴が開いてしまうし、恐れながらすると重たいぼってりした茶碗になってしまう。この作業をする前と後ではだいぶ茶碗のカタチが変わってくるのでした。陶芸をする時は気持ちがビッと引き締まるのであります!



しかし、茶碗が朝顔茶屋と別府に間に合わないことが発覚!しかたない。茶碗のお目見えはまた次の機会に。でもこの茶碗づくりのおかげで、だいぶ人間的に成長した気がします。先生、ありがとうございました!

by cat-diary | 2008-07-21 22:21 | だざいふ基本計画2008Plan1