小沢剛展覧会「ホワイトアウト-太宰府-」

えとうです。以下展覧会情報です。お見逃しなく。
f0048597_2220388.jpg

太宰府天満宮アートプログラム第4弾として、多くの国・地域との国際交流やプロジェクトに参加してきた小沢剛氏の展覧会を開催します。

展覧会テーマは「ホワイトアウト」。
ホワイトアウトとは、視界全体が真っ白になって天地の見分けがつかなくなり、視界の感覚が失われる現象のこと。小沢が「ホワイトアウトのように、もともと見えるものを消していくことで、更に別の美しさや神秘性が引き出されるのではないか」と語るように、今回は雲海・雪景色・彼岸をイメージさせる白で覆われた空間を現出させます。

また今回は、太宰府天満宮宝物殿に加え、観世音寺宝蔵も舞台となります。
観世音寺様の格別の御配慮により、重要文化財の「阿弥陀如来像」・「四天王立像」が陳列される宝蔵でインスタレーションを行います。迫力ある阿弥陀如来像や四天王立像が小沢剛の世界を通してどんな姿を見せてくれるかご期待ください。

軽妙に洒脱に、歴史や時間を越境していく小沢剛の新しい作品世界をどうぞご観覧下さい。特に、観世音寺のインスタレーションは、1日限定の公開(3月26日)なので、どうぞお見逃しなく!!

◎小沢剛 展覧会情報

展覧会タイトル: ホワイトアウト ――太宰府――
会期:version1 : 3月26日(水)ところ:観世音寺 宝蔵
    version2 : 4月12日(土)~5月25日(日)ところ:太宰府天満宮 宝物殿特別企画展示室
   
○観世音寺 宝蔵  住所:太宰府市観世音寺5-6-1
開館時間:9:00~16:30(展示は3月26日のみ)
入館料: 大人500円、  高・大生300円、 小・中学生150円

○太宰府天満宮 宝物殿 住所:太宰府市宰府4-7-1
開館時間:9:00~16:30(月曜休)
入館料: 一般300円、 高・大生200円、 小・中学生100円

問い合わせ先: TEL:092-922-8225


■小沢剛(おざわ・つよし)

1965年、東京生まれ。1991年、東京芸術大学大学院修了。1996-97年、アジアン・カルチュラル・カウンシルの招聘によりニューヨーク滞在。「シティーズ・オン・ザ・ムーヴ」(1997~99、欧米6カ所巡回)、「台北ビエンナーレ」(1998)、「第1回福岡アジア美術トリエンナーレ1999」、「第2回ベルリン・ビエンナーレ」(2001)、「第50回ヴェネチア・ビエンナーレ」(2003)、「小沢剛:同時に答えろYesとNo!」(森美術館、2004)など、国内外の展覧会、国際展等に参加多数。

■太宰府天満宮アートプログラムとは?

朝は犬を連れた人が散歩し、昼は園児の庭となり、夜は恋人達が橋を渡る太宰府天満宮。
その境内では千百年以上昔から変わらないだろう、明るい風景が広がっています。

日本文化の基礎として綿々と受け継がれている神道の自然に対する考え方も、開かれたものであると同時に、そこは祈りを捧げる場所であり、非日常の「ハレ」の世界とい
う固有な場を醸成しています。

太宰府天満宮アートプログラムは、太宰府天満宮の「開放性」と「固有性」を、アーティストが持つそれらに重ね合わせ、歴史の記憶を宿すここ太宰府の地から未来へ向けて、新たな文化の可能性とその発信を試みるものです。

by cat-diary | 2008-03-16 23:00 | お知らせ