これまでのはなし これからのはなし

「だざいふ基本計画2006」Plan1 スタフェスを検証し、展開するシンポジウム
『これまでのはなし これからのはなし』
~あなたが訪れた太宰府 あなたが育った太宰府 あなたが感じた太宰府 
     それぞれの太宰府がこれからの太宰府をつくる~

f0048597_2230048.jpgえとうです。

これでひとまずスタフェスが完結した。スタフェスという現象がなんだったのかということを企画運営したCATがいちばん理解してなかったのかもしれない。一体あれはなんだったのか、ということを検証し、展開していきたいということで企画したのがこのシンポジウム「これまでのはなし これからのはなし」。まずはスタフェスドキュメンタリー映像で記憶を呼び覚ます。あの夏が甦る。

f0048597_2230770.jpg続く2部では、トークセッション。スタフェスのアドバイザーをしていただいた藤さんには、「スタフェスのプロセス、そのインパクト」。AAF実行委員会事務局長の芹沢さんには「AAFとは、太宰府と他地域のつながりの可能性」。太宰府天満宮宮司西高辻さんには「これまでの太宰府の歴史、これからの太宰府への期待」をお話してもらいました。これがもう感動的で、壮大で、刺激的で、何かの衝動に打ち震えました。この話はできるだけ多くの人たちに伝えたい。なので、今後ちょっとづつですが、シンポの内容を公開していきます。お楽しみに。
あまりに想うことが多すぎたので、このシンポのお話はまた別の機会に。

by cat-diary | 2006-04-22 22:30 | だざいふ基本計画2006Plan1