「だざいふ基本計画2006」

エトウデス。
 最近は「アジア代表日本」の活動ばかりでCAT本体の活動を忘れがちですが、2006年のCATは「だざいふ基本計画」という企画をやります。この企画は昨年同様全国各地で展開されるAAF2006の参加企画です。
 さ、「だざいふ基本計画2006」ってのは一体なに?ってことなんですが、説明すれば長くなるんですけどー、まずは私の生い立ちからご紹介することになります。時は昭和54年、機動戦士ガンダムが放送開始。全国の子どもたちがテレビアニメに夢中になってる頃…って、こんなこと書いても誰もなにも言ってくれないので、やめることにします…。あー、こんな意味ないことしてるから長くなるんだけど、サクッと説明するとですね、昨年の「だざいふ☆スタードームフェスティバル2005」をやったことで、いろいろやりたいことや反省することやなんやらかんやら出てきたんですけど、それでもこれからの太宰府で地域の人たちと一緒になにかやっていきたいなー、という気持ちがありまして、じゃあやっちゃおうじゃないと。そういうことです。

 つまり、もっと長期的なビジョンで、継続的に地域活動していくために何が必要なのか。「太宰府ってワクワクするなぁ」とか「太宰府ってグッとくるなぁ」とかそんな気持ちになれるものを自分たちで創造していくために何が必要なのか。というのをみんなで考えましょうや、というのがこの「だざいふ基本計画2006」なのです。
 んー、わかったようでわからんような。そんなんです、そんな感じなんです。だってこれから作っていくものなのですから。予測不能のおもしろい現象が起こって、それが展開されていく、そんな現場にみなさんと一緒に居合わせたいな、と思います。

 で、具体的になにすんの?って結局こうなっちゃいますが、
★シンポジウム(みんなで考えて語り合える場)
★まちあるき(太宰府の意外なとこを発見)
★ワークショップ(まちあるきで感じたものを何かで表現)
★夏祭り的なこと(夏の夜、みんなで集まって語らうの会)
ってことを考えています。
詳細はこれから追ってご紹介していきますので、ぜひみなさんも一緒になって太宰府で遊びましょう!

by cat-diary | 2006-03-20 23:33 | だざいふ基本計画2006Plan1