薪割りコーチと染めコーチ

えとうです。4月に追いついたことに安心してまた放ったらかしでした。W杯の間に振り返ります!
前日ほうきをつくって、ついに「くすかき」初日を迎えます。1年ぶりのこの姿、子どもたちの成長を感じます。いい背中見てるな。
f0048597_381134.jpg

土日は樟脳づくり「くすのこうたき」がある。子どもたちは葉をはくのも好きだけど、この時間がいちばん好きなような気がする。特別な時間が流れる。
f0048597_381827.jpg

大人たちも普段できない薪割りで盛り上がる。薪ストーブ保持者からの薪割りコーチングタイム。


そして今日も「アジア代表日本」同時進行。「しっかりやってるか?」とヘッドコーチの視線が光る。
f0048597_382644.jpg

よしよし、ちゃんとやってんな(ヘッドコーチ)
f0048597_38359.jpg

この旗がはためく風景がきれい。
f0048597_384487.jpg

よしよし、こっちもちゃんとやってんな(ヘッドコーチ)
f0048597_38573.jpg

そして夕方のくすかきタイム。1日中、太宰府天満宮で遊ぶ。疲れる。
f0048597_385982.jpg

# by cat-diary | 2014-04-06 03:07 | くすかき&アジア代表日本

的確な判断と効果的なプレー

えとうです。アジア代表日本2014、初めての土日です。晴れていっぱい人が来てくれるといいなぁと思ってたけど、いきなり雨…。しかも寒い…。テントの中でできる範囲でやってます。野外ワークショップは天候に左右されながらも、その場の判断で最も効果的なプレーを選ぶことが大事。急にボールが来ても冷静にゴールを決めることと一緒。わかる?この例え。
f0048597_23291736.jpg

雨の日もそれはそれでやることがあって、染める行程が意外とはやくできてしまうので、旗の下書きをこういう日にやってしまうのです。日比野さんのスケッチを旗に手書きで転写。
f0048597_23291323.jpg

子どもたち、こんな感じで体が染まっていきます(笑)親も子ものびのびとストレスフリーで楽しむためには汚れていい格好がオススメ!オレらもだんだん服が染められていって、ペンキ屋さんみたいでなんか誇らしい。
f0048597_23291291.jpg

一方、同じく太宰府天満宮の境内では「くすかき」が初日を迎えています。まずは松葉ほうきづくりから。その場には行かなかったけど、どんな雰囲気かは手に取るようにわかる。信頼と安心の5年目のくすかき。すばらしいことです。

# by cat-diary | 2014-04-05 23:27 | アジア代表日本

いざブラジルへ、キックオフ!

えとうです。よっしゃー!ようやく4月に追いついたぞ、このブログ。3月もいろいろあったけど、写真ないしいろいろ端折ります。

で、ついにアジア代表日本2014がキックオフ!九博で記者会見を終え、太宰府天満宮から九博へ向かうエスカレーター前で染めワークショップがスタートしました。初日の平日でも天満宮と九博には多くの人が行き交います。
f0048597_23224546.jpg

子どもでもガンガンぬりぬりできます。ただ、ちょっと汚れる恐れあり。がっつり参加したい人はがっつり汚れていい格好で行くとめちゃ楽しいよ。よそ行きの服の人は気をつけながらやれば大丈夫!
f0048597_23224855.jpg

天気もよくて上々のオープニングを終えた後は山かげ亭で乾杯。久しぶりのメンバーが集まり、日比野さんを囲みます。しかし珍しく今日は男子率が高い!この日はCATメンバーの本職・太宰府市役所の若手職員を何の情報も与えずに連れてきてみました。ここで何が行われているのか、今までどんなことが会ったのか、直にいろんな人に会って、話して、聞いてほしかったんです。そんなCATの気持ちに気付いてか、諸先輩方がいろいろと代弁してくれて、とても貴重な話を彼らにしてくれました。
f0048597_23225066.jpg

これまで職場の後輩たちには、なかなかCATの活動を紹介できてなかったし、しても余計なお世話かもしれんし、自分たちから能動的に積極的にくればいいなぁなんて思っているうちに時が過ぎ今に至ったわけで…。もうオレらも残された時間は少ない!若手と呼ばれる世代は過ぎ、中堅と呼ばれる世代へ。今ここで伝えられることを伝えないと、今まで築いた経験やネットワークが活かされなくなってしまう!そんな危機感からここ1、2年、柄にもなく先輩ぶることを心に決めたボクたちなのでありました。あとは彼らの気持ち次第。

# by cat-diary | 2014-04-01 23:22 | アジア代表日本

まちを染める

えとうです。アジア代表日本2014の第2回実行委員会が西日本新聞社の会議室で行われました。新聞記者さんがいたるところに。なんか憧れちゃうなー。

染め物でマッチフラッグをつくるということは決まったけど、それをどういうコンセプトでどういうふうに展開していくかということを話し合ったんだけど、日比野さんから「ブラジルに持っていくもの、九博に展示するもの、それとグッズとかその次に展開できるものを」という話がありました。
f0048597_113013.jpg

なにをどういうふうにやるのかということは決まってきたけど、それをなぜ福岡・太宰府から発進するのか、なぜ染めなのか、なぜマッチフラッグなのか、そういう基本的なことを実行委員会全員が共通認識を持つことが大事やね。そうしないと、想いは参加者に伝わらないし、本質を見失ってしまうから。もっともっとみんなでコンセプトを共有していくことが必要だな。みんなの色で、まちを染める。

さて、アジア代表日本2014スタートまであと1ヶ月ちょい。

# by cat-diary | 2014-02-23 23:01 | アジア代表日本

染めワークショップのシュミレーション

えとうです。時間が経ちすぎてすっかり忘れてしまったんやけど、福田屋染物店のたかおくんが久留米のイベントの一環で染めのワークショップをするからどんな感じになるかおいでよ、ってことで行ってみました。六ツ門のアーケードのなんとかというスペースで。イベント名すら忘れた(笑)
f0048597_6174493.jpg

子どもも塗れるなーとか、風が厳しそうだなーとか、新聞紙エプロンとか簡単だねとか、そんなシュミレーションをしてみました。太宰府天満宮の庭師チームもワークショップで使用する道具をふむふむと視察。ワークショップのやり方も大事だけど、巻き込み方はこれから考えなきゃだな。

# by cat-diary | 2014-02-09 22:17 | アジア代表日本

4年ぶりのあれ

えとうです。4年ぶりに「アジア代表日本」が戻ってきました。4年に一度のこのプロジェクトを改めて簡単に説明すると、サッカーワールドカップにあわせてアジアの玄関口である太宰府・福岡を拠点に行われるもので、世界的アーティスト・日比野克彦さんが総合企画演出するめっちゃステキなアートイベントなのです。サッカーとアートを通じて、日本の文化、アジアの文化、そしてワールドカップで対戦する世界の国々の文化に想いを巡らせます。そして、ブラジルで戦うサッカー日本代表を応援するぞ!過去のアジア代表日本を知りたい人は右のメニューにあるカテゴリを選んでみてね。
f0048597_21334293.jpg

今回はそのキックオフ・ミーティングで、第1回目の実行委員会が行われました。日比野さんが今回提案したワークショップの案は「染め」でマッチフラッグをつくるというもの。みんなやったことないから興味津々。技術指導はこれまで日比野さんのプロジェクトにいろいろ関わっている久留米の福田屋染物店のたかおくんです。さてさて、これから道具や、やり方や、なんやらかんやらかんがえていかねばなりません。それにつくったフラッグをどうするか。そりゃもちろんブラジルに持って行くでしょ。で、誰が持って行くかって話やけど、それはもうあれだ。翼くんがブラジルに行ってからというもの憧れ続けたブラジルにこの機に乗じて行かねばいつ行くんかって話やろ!オレ、ブラジル行くよ!きっと!エウ ソウ ジャポネース!

# by cat-diary | 2014-01-20 21:33 | アジア代表日本

かきぞめ

えとうです。年が明け、2014年になりました。7日には太宰府天満宮の鬼すべ神事、そこでいろんな人たちと出会い新年のご挨拶。そして、今年から「かきぞめ」をすることになりました。「くすかき」に関わる人たちが一同に集い、自らの「くすかき」と「くすかきへの抱負」そして久しぶりに毛筆を手にしたうれしさから思い思いの文字や絵を書き初めました。まずは「くすかき」の首謀者・五十嵐先生による書き初め。
f0048597_6151015.jpg

そして、みんなで書き初めたものを習字教室のように貼ってみる!馬うまい!きっとくすかきもうまくいく!
f0048597_615314.jpg

今年のくすかきでは、新たに「網袋」が登場します。樟の葉を入れる袋をみんなで編んで、葉の見せ方を変えることで新たな付加価値が生みだそうという試み。これは五十嵐さんが名を馳せた「そらあみ」の手法でつくります。これがおもしろい。気づくと黙々と編んでる。さて、会期まであと3ヶ月。網袋できあがるかなぁ。
f0048597_6151996.jpg

# by cat-diary | 2014-01-13 20:15 | くすかき

定期的な取り組みその② なかよし会

えとうです。年末に振り返るとかいいながらそのままになってた…。定期的な取り組みの続き。2012年に設立されたNPO法人太宰府アートのたね、2年目の年ですが精力的に活動しててものすごい熱量とスピードで動いていってます。その一方で勢いがある故に振り返って検証したり、未来のことを見据えたり、そんな時間がなくて、「これはちょっと時間をつくろう」ということになり、月に1度のなかよし会を実施してきました。
f0048597_18323862.jpg

f0048597_5534350.jpg物事を勢いでやってしまうのは意外と簡単なんだけど、どんな意図でやってるのかとか、どうしたらよりよかったのかという意識の共有や検証とかはやっぱり大事。

かといってそれに縛られて身動きがとれなくなるのも考えもの。世間的に「正しい」とされることが「おもしろさ」を奪うのではないかという問いを考えるきっかけになったね。

ただ、個人的に考えたその答えを年を越した今、忘れた(笑)

# by cat-diary | 2013-12-29 18:32 | 太宰府アートのたね

定期的な取り組みその① 餃子の会

えとうです。2013年、まだまだ振り返るよー。

CAT主体の活動がなくなり久しいですが、今年もサポート系の活動を重点的にやっとります。今年は「くすかき」をよりよいものにしていくために、五十嵐さん百花堂のみんなと一緒に定期的な話し合いの場、名付けて「餃子の会」を実施中です。

この餃子の会から夏に実施した「くすかきのはなし」が生まれたり、「くすかき」が太宰府の地域の中でどのようなものになっていくのかを考えたりしよるよ、結構まじめに。
f0048597_18313552.jpg

太宰府で生まれたアートプロジェクトを、アーティストと一緒に育て上げながら太宰府にどのように波及していくのかを一緒に体験できるのはものすごくおもしろい体験。やれることからコツコツと。
f0048597_18314196.jpg

餃子の会はその名のとおり「定期的な話し合いをしたいね」ということをみんなで餃子を包みながら話したことがきっかけで始めたんやけど、会の実施にあたっては有名餃子店に先進地視察に行ったり、↑写真のように餃子鍋をつくったり、なぜか「たぬきカレー」(揚げ玉がたぬき部分)をつくったり、食に関する探求が半端じゃありません。もちろん餃子はくすかきのあり方のメタファーでもあるのだ。

# by cat-diary | 2013-12-29 18:31 | くすかき

地面に絵を描くその先に人間の進化をみた!

えとうです。秋をふりかえります。毎年恒例の「地面に大きな絵を描こう」、今年で8回目です。

2013.10.18 「地面に大きな絵を描こう」
詳しくは↑を見てね。
で、今年はいろんな事情があって場所もちょっと変わったり、描いた絵を作者自身が自慢するギャラリーツアーをしたり初めての試みが結果的に多かったんやけど、その中で目を引いたのがこれ!
f0048597_18195076.jpg

ついに立体作品が生まれました!しかも無機物と有機物の融合!これ、誰がつくったんだろ。ギャラリーツアーでは紹介できませんでした。いやー、8年目にして人間の進化をみたね。このイベントはチョークを子どもたちに与える意外はなにもしてないから、誰かが教えるわけでもなくこうなったと思うんやけど、アートの本質がここにあるのか?

# by cat-diary | 2013-12-29 18:27 | 太宰府アートのたね