<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

目には見えない樟を描き出す日

えとうです。ようやく追いつきました。くすかき最終日「くすのかきあげ」!振り返ってみると今年は何日か短かっただけやったけど、あっという間に終わった気がする。約1ヶ月積み上げてきた樟の葉っぱたちを移動させる前のひとコマ。すっぽり子どもの体が埋まってしまう程の量で、ずっとこの葉の山に飛び込みたかった気持ちを爆発させて、思いっきり葉の胸に飛び込む!この時しかできない贅沢な時間。
f0048597_1064465.jpg

突き抜けるような青空、目に見えない樟を描き出すのにふさわしい天気です。この場所にはかつて千年樟16号木が存在していました。もうすぐここに1年に1度のみんなの樟が描き出されます。よし、準備完了。
f0048597_1065168.jpg

今年のくすかきの“掻き手”たちを前に五十嵐さんがこの1ヶ月を、そして葉が入れ替わる1年を振り返ります。くすかきを始めた想い、4年目となった今年の様子、千年を目指すくすかきのこと。
f0048597_107991.jpg

かつて千年樟があった場所に、あたかも木があって葉を落としたかのような風景。その樟の葉の中から自分が気に入った葉を選び出します。去年新芽が出て、今年の新芽に押し出されて落ちてきた葉に自分自身の1年を重ねる。
f0048597_1071432.jpg

ぐるぐると葉の上を走り回る子どもたち、葉のじゅうたんに寝転ぶ大人。
f0048597_107445.jpg

「選んだ葉を葉を空に透かして見てください」と五十嵐さん。こんなにして葉っぱを見ることはなかったなぁと思いながら眺める。落ち葉でも葉脈がくっきりで、葉の色も違って見えた。太宰府天満宮を上から見守ってきた1年の記憶が詰まっている。
f0048597_1071982.jpg

場所を移動して、日々のくすかきを行っている天神広場から、くすのこうたきを行っている鬼すべ堂へ。期間中の土日は樟の葉から樟脳を抽出する作業を行っていることの説明、そして全国に香りを届けるために、ここでとれた不純物が混ざっている樟脳をさらに昇華させて純化するという普段はみんなの前では行っていない作業を実演。この道のプロ、さっちゃんは昇華を行っているとあることに気付いたそうで、樟脳の結晶は昇華させると葉の形が浮かび上がるんだって。子どもたちも食い入るようにその様子を見ています。確かに葉脈もあって、形を変えても葉の形をとどめようとする不思議さは一体なに?
f0048597_1072587.jpg

日々のくすかき、くすのこうたき、「くすかき」の全容を共有して、天神広場に戻ってきました。1人1枚選んだ葉を松葉ぼうきでつくった大樟香舟にのせて、樟脳の香りと共に天神様に奉納します。御本殿に昇殿しているから写真は撮れなかったんやけど、「くすかき終了奉告祭」として祝詞をあげてもらうその様子は、千年を目指すくすかきが一歩神事に近づいた気がしたなー。くすかきは、アートプロジェクトという側面と、祭りという神事の側面も持っている。これからどんなふうに進んで行くのか、この樟と共に千年先の未来に伝えられるんだろうか。
f0048597_1073034.jpg

いよいよクライマックス、くすのかきあげです。樟の葉をみんなで掻きあげ、描き上げます。今年はみんなどんな樟を描き出したのかな?目に見えないけど、それを大切にする心。とてもステキなことです。また来年、この場所で会えることを願ってくすかき終了!


そして、夜は直会。あ、やっぱここまでやってくすかき終了やね。今年は4年目にして初めて行ってこともあって、樟脳を奉納したり、定例会を行ったり、五十嵐さんが地元ともっとアクセスしようとした結果が今年のくすかきの特徴になりました。やはり千年を目指すのであれば地元の力が必要。その中で五十嵐さんの表現行為であるくすかきが、どのようにつながっていくのか。とにかく続けていく、それがまず大事なのかもしれんね。CATの活動はどれをあげても飽きっぽいから続かんけど、こうして継続を重要視したプロジェクトをサポートできるのはとてもうれしい。いがちゃん、また会おう!
f0048597_1073950.jpg

今年のくすかきは、米津いつかさんがとてもステキなレポートを書いてくれています。これも読めばくすかきのことがわかる!このような形でサポートしてくれる仲間がいることも、五十嵐さんにとってもくすかきにとってもとても心強いことです。ブラボー!
TokyoArtReseachiLab [Report] 4年目を迎えた「くすかき-太宰府天満宮-」

by cat-diary | 2013-04-27 20:03 | くすかき

男の子と女の子

えとうです。がんばって思い出して書きます。えー、この日のくすかきは粛々と始まった記憶。朝は大人が多かったからかな。朝の天満宮はまだ人も少なく、凛とした神社の雰囲気が漂います。黙々と葉を掻き、集める。こんな日もある。
f0048597_623881.jpg

今日も五十嵐さん不在。子どもたちはちょっとさみしい様子やけど、さっちゃんがいるから平気。ちなみに毎年恒例のYOSAKOIとの共存。周りは本番前のリハでがやがやしてる。
f0048597_624225.jpg

なぜか今日は女子率が高く、久しぶりに芳樟の袋をちくちく縫う。どんな会話をしてるんだろ、五十嵐さんの悪口?(笑)男の子たちはなぜかちょっと近寄り難く、まわりをうろうろ。
f0048597_624783.jpg

お昼ご飯に味噌汁をつくりました。あったかくてホッとする、お母さんの味噌汁。男は黙って永谷園とばかりにインスタントではない手作りのおいしい汁をただ黙々とすする。味噌汁を囲んでの定例会は何を話したか忘れました。
f0048597_625190.jpg

女の子たちが味噌汁を囲んでぺちゃくちゃお話をしている頃、男の子たちは居場所がなくて山へ柴刈りに出かけました。子どもたちは木の枝を何本も収集。境内の森はきちんと管理されていて気持ちがいい。
f0048597_62535.jpg

そして夕方のくすかき。昨日の雨があがって緑がいつも以上に青々としている気がする。気温も上がって葉もいっぱい落ちてきた。
f0048597_625857.jpg

by cat-diary | 2013-04-21 06:02 | くすかき

主の不在

えとうです。今日から何日か五十嵐さんが太宰府を離れ、一時瀬戸内国際芸術祭のクロージングのため瀬戸内に行ってしまいます。
f0048597_613247.jpg

朝のくすかきをして、ばいばい。普段からは想像できないほど軽装。いつもこの人、移動する時はものすごい荷物だからね。
f0048597_22144566.jpg

主の不在は僕たちにまかせろ!たくましいくすかき小僧たち。
f0048597_22145093.jpg

主の不在の間の筋肉担当のシオノヤくん。まずは梅ヶ枝餅でおもてなし。しかしこの日は寒かったー。雨が降り始め、こうたきの火で暖をとりながら樟脳ができるのを待つ。
f0048597_61281.jpg

by cat-diary | 2013-04-20 21:01 | くすかき

くすかきの何が楽しいのか

えとうです。今日は平日夕方のくすかきに行ってきたよ。子どもたちがいっぱい。この子たちは何が楽しくてくすかきしてるんだろ。葉っぱを掃くのが楽しい?葉っぱを集めるのが楽しい?天満宮に来るのが楽しい?普段は入れないところに入るのが楽しい?いがちゃん(五十嵐)やさっちゃんに会うのが楽しい?ハンコもらうのが楽しい?もしかしたら楽しいという以外にこいつらに何かそうさせているものがあるのかもなー。
f0048597_5544438.jpg

CATの活動の原点は、太宰府ってステキなところだからみんなにも好きになってほしい、自分たちも太宰府が好きだから。というところから始まっている。それが今は、子どもたちのために未来がよりステキな太宰府になっていてほしい、子どもたちが今の太宰府を好きでいてほしい、自分たちの故郷を誇りに思ってほしい。に変わってきている。変わっているというか、根本は同じか。樟に見守られながら過ごした今日のこの時間は彼らの記憶に残っているのかわからんけど、いつの日か大人になって天満宮に来た時にふとこの日のことを思い出すかもしれない。ステキな友だちと、大好きな大人たちと、大きな樟の木の下で遊んだことを。その時ちょっとでも幸せな気分になってくれるといいなぁ、そうなってたらオレらもちょー幸せ。
f0048597_5545042.jpg

いやー、しかし何がおもしろいんやろうね。勝手に自分で自分の楽しみを毎回見つけてる。今日は枝集めが流行。また別の日は手水舎の飲用水をがぶ飲みするのが流行。
f0048597_5572763.jpg

by cat-diary | 2013-04-16 21:54 | くすかき

広域交流人口増加社会実験と森の探検と理科の実験

えとうです。今日のくすかきは「アビスパ福岡vsギラヴァンツ北九州の観戦予定者のみなさんへ「くすかき〜太宰府天満宮〜」へのお誘い」をしてみました。結果はアビスパユニ着用男子1名、ホークスキャップ着用男子2名でした(笑)なかなかこのアプローチは難しいぞ。いつかまた実験やってみよう。
f0048597_5521183.jpg

今日は久々に朝拝から参加できました。やっぱりシャンとするね。太宰府天満宮では毎日の光景だけど、朝早いから地元ではない人にとっては見ることは難しい。転じて地元の贅沢なり。
f0048597_5521639.jpg

日々のくすかきは朝なんとなくわらわらと人が集まってきて、いつの間にか始まっている。そして終わると五十嵐さんがおもむろに話し始める。今日の葉っぱの様子、空を見上げるとまだまだ落ちてきそうな葉っぱがいっぱい。風や温度だけじゃなくて、集まってきた人によっても葉の落ち方が違うかもね。子どもが多い時は葉をいっぱい落としている気さえする。
f0048597_5522264.jpg

そして“くすのこうたき”をするために鬼すべ堂に移動。今日は子どもたちと境内に3つある岩を探しながら本殿裏の山を越えて鬼すべ堂に行きました。子どもたちが岩に惹かれてる。なんで帽子をかぶっているのか、なんでなんか突き刺さっているのか、なんでくすかきに来るといつも岩が移動しているのか。太宰府天満宮では同時多発的におもしろいことが起きてる。
f0048597_5522752.jpg

↓の動画は樟脳のひみつ。五十嵐さんの解説つきです。見えるかなー。ちっちゃいのがちょろちょろっと動いてるのが樟脳。子どもが小学生になったら樟脳つくって、樟脳船をつくってみたい。

樟脳は水に溶けずに油膜をつくるんだって。それでその油膜を作った部分が水の表面張力の力をなくすことで動くっぽい。

by cat-diary | 2013-04-14 21:52 | くすかき

朝顔でどんだけ遊べるか勝負しようぜ!

えとうです。えー、相変わらずのさかのぼり更新です。今、夏真っ盛り。ベランダでは宇宙に行った種の遺伝子をひく明後日朝顔が元気に咲いています。

現在すくすく成長中の「朝顔の木」、そして8/17-18に行われる「あさがおキャンプ」が生まれるきっかけになった日のレポートです。ある日居酒屋で「明後日朝顔ってさ、正直この楽しさを人に伝えるのがムズカシイけん、太宰府ならではの楽しみ方をみんなでつくって、そのプロセスも共有したほうがよくない?」ってことになりまして、それでやったのがパッと思いついたアイデアをプレゼンする大会。これがなかなかおもしろいものになりました。
f0048597_634153.jpg

みんなで朝顔を使ってどんだけおもしろいことを考えられるか真剣勝負!子どもたちも最初はちょっとおりこうさん気味というか、現実的にできそうなものを考えがちやったけど、「できそうとかできなさそうとかそんなことはどうでもいいので、こんなことができたら楽しいなぁと思うことを思い切ってかいてみよう!」と隊長が言ったのを皮切りに子どもたちの想像力は解き放たれました。
f0048597_63472.jpg

いっぱい出たアイデアに、これは見てみたい!これはやってみたい!と思うものに「いいね!」をつけてみました。このいいね!も結構おもしろくて、子どものおもしろセンサーの働くものとそうでないものが如実にわかる。
f0048597_634450.jpg

そうして今年の太宰府における明後日朝顔の遊び方が決まりました。太宰府天満宮境内にある鬼すべ堂ですくすく育っている「朝顔の木」がどうなっているのか気になるやろ?気になった人は「あさがおキャンプ」にぜひ遊びにきてね。キャンプに参加しなくても「朝顔の木」はいつでも見られるので、散歩がてらに寄ってみてねー。

by cat-diary | 2013-04-14 06:57 | 太宰府アートのたね

密度と強度

えとうです。今日は用事があって夕方のくすかきだけに滑り込みセーフ。天満宮に行ってみると、樟の木の周りに人、人、人。大人も子どももいっぱいいて、すごく賑やか。
f0048597_5505420.jpg

この日は先週と違って暖かくなり、葉っぱもいっぱい落ちていたので掃き甲斐があったけど、それでも人数的にちょっと持て余すくらいで、“くすかき”ではなく”くさぬき”をする子もいたよ。くすかきでは、五十嵐さんは何も指示はしない。「こうやってやるんだよ」ということは説明するけど、基本的にそれぞれがそれぞれの役割を現場で見い出して行動している。
f0048597_551052.jpg

今回のくすかきから、”こうたき”の時に「くすかき定例会」をすることになりました。くすかきについて、五十嵐さんの思っていることを話したり、みんなでくすかきをどう思っているのかを話したり。そのせいもあってか、今日の参加者と五十嵐さんの距離がぐっと近づいて見えた。
f0048597_551665.jpg

くすかきはイベント的にいっぱい人を集めればいいというものではないし、五十嵐さん以外の誰かがいないと成り立たないものでもない。でも必要なのは地元にいる人。そして人が増えればそれなりのスペースも考える必要が出てくるなぁ。広ければ一体感がなくなるし、狭ければできることが減る。密度と強度のバランスが大事。

by cat-diary | 2013-04-13 23:50 | くすかき

「くすかき2013」はじまったよー!

えとうです。今年もくすかきの季節がついにやってきました。今年で4年目。前日4/6が初日でしたが、春の嵐でくすかきは中止。余香殿で初日の松葉ほうきづくりが行われたようです。というわけで、我々は今日から参加。サッサッと久しぶりの感覚を確かめながら思い出します。やっぱこの季節に太宰府天満宮にくることだけで気持ちが清々しくなる。
f0048597_5481622.jpg

そして鬼すべ堂に場所を移して“くすのこうたき”の準備。これは水蒸気蒸留装置の窯ををつくっているところ。何年か前にネパール人が教えてくれた方法がすっかり定着。今日は窯をつくるところでおしまい。明日は火を入れて今年最初の樟脳づくりです。楽しみ!あ、そういえば、4回目になるし、「くすかき」を当然のようにやってますけど、「くすかきって何?」という人も多いですよね。改めて説明しましょう。以下、くすかきHPから抜粋。あ、これはコンセプトしかわからんね。じゃ、簡単に説明します。「くすかき」は主に、毎日朝夕に落ちてきた樟の葉っぱを掃いて集める“日々のくすかき”と、樟の葉から水蒸気蒸留で樟脳を取り出す“くすのこうたき”で構成されています。詳細はくすかきHPでどうぞ。
f0048597_5482183.jpg

太宰府天満宮の樟の杜は、毎年春になると、新芽が古葉を押し出して一斉に葉を落とします。 樟は春に葉を落とすということすらまだよく知らなかった2006年、九州国立博物館を中心に開催された「アジア代表日本」のスタッフとして太宰府に滞在し、太宰府天満宮の境内の掃き掃除をお手伝いしていた朝のことです。松葉ほうきで落ち葉を掻くと、地面には均一に整った縞模様が浮かび上がり、次の瞬間、その縞模様の上に1枚の落ち葉が落ちてきました。ふと見上げると、そこには大きな樟の木があり、次なる幾枚かの葉をひらひらと落としている光景に出会いました。掃いてもすぐに落ちてくる葉っぱを見て、「落ち葉掃除をしているのではなく、落ち葉が落ちてくる場所をつくっているのだ」ということに気がつきました。

樟と共に千年の時を歩んできた太宰府天満宮は、こうして千年ものあいだ、樟の葉が落ちてくる場所をつくり続けてきたのです。毎朝生まれては消えていくこの光景を蓄積させていくことで、いったい何が見えてくるのだろう。そんなことを考えていた時、今日の樟の杜を形づくる巨大な木々と同様に長く大事にされてきた、かつて存在した千年樟※のことを知ります。

「くすかき ―太宰府天満宮―」は、そんな一本の樟の木の存在をきっかけとして、この地で千年続く樟の落ち葉を“掻く”という行為を通して、かつて存在した千年樟の姿を“描き”出そうという試みです。千年ものあいだ、落ち葉を掻き、落ちてくるための場所をつくり続けた土地で、“目には見えないもの” “見えないけれど大切なもの”を感じる心を過去から未来へ渡していくとき、千年樟は人々の心にあり続けます。

2010年に「くすかき」としてスタートした本プロジェクトが今年4年目を迎えるにあたって、毎年この時期に樟の木と向き合うことがこの土地に出会い関わっていく一つのきっかけとなるように、また、土地や土地の人たちとの繋がりを時間をかけて紡ぐことで、樟の営みのようにゆるやかに成長し、徐々に変化をとげていくものでありたいと考えています。

※天神広場にあった千年樟(16号木)は参拝者の増加による地固めや酸性雨の影響で1994年に枯死した。

written by 五十嵐靖晃

by cat-diary | 2013-04-07 18:48 | くすかき

アビスパ福岡vsギラヴァンツ北九州の観戦予定者のみなさんへ「くすかき〜太宰府天満宮〜」へのお誘い

えとうです。連続ツイートをまとめます。

福岡のプロスポーツにおけるホームの1試合あたりの観客動員数。福岡ソフトバンクホークスは約3万人で月10試合程度、アビスパ福岡は約5千人で月2試合程度。この観客を太宰府に呼び込む実験をしたいと前から思ってた。

現在太宰府では「くすかき」も絶賛開催中やし、ちょうど気持ちのいい季節。これは実験をやってみるチャンス。4/14日(日)はホークスもアビスパもホーム戦。しかもアビスパはギラヴァンツ北九州との福岡ダービー!

というわけで、4/14(日)のくすかきに、16時キックオフのアビスパvsギラヴァンツを観に行くサッカーファンのみなさんをお誘いします!熱い福岡ダービーを前に中立地太宰府で交流してみませんか?そして太宰府天満宮で必勝祈願!ついでに太宰府観光もどうぞ!

オレがサッカー好きなのでアビスパ戦を対象にしてみたけど、野球ファンはダメというわけではないよ。誰でも大歓迎。ホークスはロッテ戦だからこっちも盛り上がりそう!でもプレイボールが13時だからちょっと厳しい…。

というわけで、これから「くすかき」と「アビスパ福岡vsギラヴァンツ北九州」のコラボレーション観光案内コースをご案内します!

8:30 太宰府天満宮に参拝(朝拝)
8:40 くすかき参加
9:30
【基本コース】
天満宮を散策http://www.dazaifutenmangu.or.jp/ 
太宰府天満宮アートプログラム/サイモン・フジワラ「The Problem of the Rock」
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/art/program/vol.8

【オプションコース1】
九州国立博物館を観覧http://www.kyuhaku.jp 
大ベトナム展、江戸のモダニズム 古武雄〜まぼろしの九州のやきもの〜が開催中。

【オプションコース2】
縁結びの神様・竈門(かまど)神社を参拝
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/kamado/ 
竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
http://ism.excite.co.jp/design/rid_E1359946752074/

基本コースにオプションコースを組み合わせても2つまでならなんとか時間的にOKです。お昼になったらランチ。太宰府天満宮周辺であれば参道や小鳥居小路にお店がいっぱいあります。ステキなお店を探してみてくださいね。竃門神社周辺もいくつかあって、山の麓でゆっくりランチというのも乙。

時間のない人は、世界的にも話題のスターバックス参道店(巨匠・隈研吾設計)でコーヒーブレイク。http://www.starbucks.co.jp/store/concept/dazaifu/蘭館もいいよ。http://rankan.jp 

14:00 太宰府からレベスタに出発!乗り物にもよりますが、14時くらいに太宰府を出発すれば、レベスタまで余裕で間に合います。
16:00 アビスパVSギラヴァンツ、キックオフ!最高の日曜日になるのは間違いなし!アビスパファンとギラヴァンツファンのみなさんにはぜひユニフォーム姿で「くすかき」に参加してほしいなぁ。

太宰府って2006年に行われた日比野克彦さん総監修の「アジア代表日本」からすごくサッカーが身近になりました。特にアビスパは。元監督の松田浩さんと日比野さんのトークショーもあったし。そう思い返すと相当すごいな、太宰府のサッカーは。アジア各国のサッカー協会の協力でユニフォームなどが九博で展示されたり、岡田武史さんとご飯食べたり、相馬直樹さんと流しソーメンしたり、井原正巳さんのトークショーもあったし。贅沢過ぎるでしょ、これ。

あー、そうそう。アジア代表日本の関連企画ヒビノカップは梅林アスレチック公園で開催して、雨が降ったんやけどアビスパの選手と交流して子どもたちは大喜びやった。その時は、北京五輪後の中村北斗や田中ゆうすけや薮田も来てくれた。http://diarycat.exblog.jp/2403493/ 
そのヒビノカップでの国歌斉唱がアビスパスタッフの目に留まり、太宰府天満宮の馬場さんが翌シーズンのアビスパ開幕戦で国歌斉唱したりして大騒ぎしたなぁ(笑)http://diarycat.exblog.jp/4823001/ 

というわけで、4/14(日)はぜひ太宰府へお越し下さい!もちろん、サッカーファン以外も大歓迎!どなたでも参加できます!詳しくはこちらをどうぞ。➡くすかきHP

by cat-diary | 2013-04-05 23:48 | くすかき

くすかき2013がはじまるよー

えとうです。年末年始からまったく更新しておりませんが、取り急ぎお知らせです!
f0048597_6503436.jpg

f0048597_6503872.jpg

by cat-diary | 2013-04-02 06:51 | お知らせ