<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

津屋崎で自主研究グループ交流会

えとうです。毎年福岡県内の行政職員で構成される自主研究グループの交流会があっていて、かつて太宰府でも轟貴之今年で41才がメインパーソナリティとなり開催したこともあるのですが、今年は津屋崎で行われました。で、通常ホストは行政職員が担うんですけど、今回は津屋崎ブランチ木村航さんがホストということで非常に興味があって太宰府以来の参加。

西鉄電車、地下鉄、JRに乗り換え、福間駅に到着。それからバスで移動…というところで、轟貴之今年で41才まさかのバス間違い。早々に遅刻してしまいました。すでに自己紹介は半分以上を終え、太宰府組の2人は空気を無視した自己紹介で、かつて太宰府で凍り付かせたことを思い出しました。
f0048597_4164862.jpg

で、交流会の前にちょっと津屋崎のまちを歩いてみようということで自由散策。横尾忠則的なY字路発見。Y字路ってなんなんやろうね。太宰府で言えば、水城跡の旧3号線と旧道のY字を思い出すけど、新しい道と古い道の交差するとこなんやろうか、ただ地形的なもの?それとも文化的ななにかがあるとかいな?片方は通り抜けできないところに秘密がありそう。
f0048597_4165256.jpg

塩倉庫。津屋崎はかつて海上交易と塩田で栄えたまちやったけど、専売制になって衰退していったんだって。この塩倉庫は旧熊本塩務局の出張所があったとこで、この建物に塩が納められてたと思いきや、文書館の跡らしい。なら本倉庫やん。
f0048597_4165567.jpg

cafe&gallery古小路。元タバコ屋で毎日違うお店が入って営業してるんだって。ほー、これならみんなで協力して無理なくできそうな仕組み。今日は野菜ソムリエオリジナルパンの店で、ミニトマトが丸ごと入っているトマトパンがおいしかった。轟貴之今年で41才がお店のお姉さんとお話しして急に婚活を始めるので再集合時間を過ぎまた遅刻。
f0048597_4165888.jpg

そして津屋崎ブランチが運営するゲストハウスで交流会。この古民家を再生させたゲストハウスの仕組みがとてもおもしろくて、いいなぁと思った。いろんな意味で覚悟を持たんとこんなことできん。交流会よりも木村さんの話をもっと聞いていたい気分になった。
f0048597_417964.jpg

交流会は「この1年どうやった?」という話からいろんな話へ。人数をだんだん増やしていきながら、話をどんどん広げて行く。それぞれの人の話がおもしろくて、行政職員も捨てたもんやないなと思った。でも組織の中になるとみんな息苦しそうで、CATも組織の外でしか本領を発揮できない。なんだかなー。この後、海辺の居酒屋に場所を移して懇親会。宮崎から来ているみなさんの話が超おもしろくて、神楽に俄然興味を持ちました。神楽って地域によっていろいろあるんだって。あれなんだっけ?おっぺけぺーみたいな、おしりぺんぺん?ん?忘れたー、くやしい。とにかく、来年は福岡を飛び出し、宮崎で開催されることになりました。高千穂峡に行ってみたいなー。楽しみにしています!
f0048597_4171471.jpg

by cat-diary | 2012-11-23 17:16 | 報告

おしり

えとうです。ずいぶんブログほたらかしでしたが振り返り。11月、むやみやたらに「おしり」を連呼してました。百花堂プレゼンツ「おしり・OSHIRI・オシリ」。今回はCATとしてではなく、個人的に「おしりカフェ」店員としてお手伝いしてきたよ。「は?なんのイベント?」ってなると思うやろうけど、これがチョーおもしろいイベントでね、バカらしいったらありゃしない。とにかく「おしり」のことしか話をしないんだから。
f0048597_4152056.jpg

「おしりカフェ」では、おしりクッキーもあってパンティーはかせたり、ほんと考えることが中学生。百花堂の人たちはなんかやっぱりおかしいと思う。
f0048597_563796.jpg

岡山・倉敷の「テイメン株式会社」さんがつくった新商品「わたのおしりふき」を紹介するのがひとつなんやけど、マイおしりバッヂ作ったり、箱を作ったり、綿を詰めたり。見てよこのかわいいおしり、これは我が子のキュートな生尻です。羞恥心を持つくだらない大人は肘を曲げてできる「おしりもどき」の写真を撮ると、さもおしりかのようなバッヂができあがります。「あんた、いいケツしてまんなー」とか言いながら、ホントくだらないいいイベントでした。秋の清々しい陽光に包まれて、笑った笑った。
f0048597_4152231.jpg

by cat-diary | 2012-11-18 04:14 | 報告

移動式茶屋が別府を練り歩く「別府小茶会〜温泉巡り〜」

えとうです。別府、行ってきました!おなじみCAT+先崎哲進コンビで3回目となる別府小茶会は、移動式茶屋です。先崎さんがお手製のリアカーをこしらえて、どこでもここでも即席茶屋ができます。そして別府ならではの試みで、ここ紙屋温泉の飲泉を使ってお茶をたてます!
f0048597_1164744.jpg

紙屋温泉の泉質はこんな感じ。無味無臭で口当たりが柔らかくおいしいお湯です。温度は20度くらい。
f0048597_117147.jpg

今回のイメージはおでんの屋台をイメージ。釜ではなく鍋、柄杓ではなくお玉、掛け軸はオリジナル手ぬぐい、亭主は大将でフリフリの前掛けを着用です。そんでお作法はこんな感じ。本番1週間前に居酒屋で考えた感じがもろに出てる!
f0048597_1303411.jpg

お菓子はおでんをイメージしたグミと水飴。チビ太がいつも持っている串に刺したおでんがモチーフです。
f0048597_1165420.jpg

このお三方はいつも紙屋温泉を利用している3人娘。いつもと違った風景を楽しんでもらえたでしょうか。
f0048597_117820.jpg

そしてこの方は紙屋温泉のレジェンド、松尾さんです。紙屋温泉の元番台さんで、ベップ・アート・マンスの参加企画で紙屋温泉の2階の公民館を会場として展覧会を行っていました。なんと御年94才!最初の写真の自転車に乗っているのは松尾さんです。猛スピードで来て急ブレーキ!かっこいい!
f0048597_1171630.jpg

やっぱ移動式茶屋やけん動かんと意味ないよね。ということで、紙屋温泉を離れてぞろぞろと別府のまちを練り歩きます。実はタイヤの空気が抜けてて、近くのバイク屋さんで空気を入れてもらいました。お休みだったのに快く応じてくれてうれしい限り。こんな交流もいいよね。歩いているとまち行く人たちの視線が心地よい(笑)
f0048597_1172041.jpg

道すがら偶然にも熊本の人たちを案内する混浴温泉世界の総合プロデューサー山出さん一行に出会いました。来訪者に別府のまちでいろんなことがいろんなところで起きていることを見てもらえてよかったなー。
f0048597_1172393.jpg

そして第2回目の別府小茶会の会場となった山田別荘に到着。久しぶりに山田別荘のみなさんにお会いできてうれしかった!山田別荘でも別のベップ・アート・マンスのプログラムが行われていて、相乗効果あり!山田別荘にきてよかった!
f0048597_1172680.jpg

日も暮れてきて屋台がいい感じになってきました。やっぱおでん屋は夕暮れから夜中がよく似合う。ゆるゆると別府を楽しみながら、いろんな人とお話ができてよかったです。地元別府の人から、太宰府のお隣の春日市や岡山県から来たという人もいて、別府がいい感じに盛り上がってるなーと思いました。あ、「別府小茶会オリジナル手ぬぐい」絶賛販売中です!1枚500円、欲しい人は連絡くださいねー。別府八湯とお茶をモチーフとした先崎さんデザインのオシャレアイテム、温泉に入る時はこれだ!
f0048597_1172988.jpg

終わってみんなで地獄蒸し料理を堪能。翌日は混浴温泉世界を見て回ってとても楽しい別府ツアーでした。企画実施に来たというよりも、ほぼ観光だな(笑)それもよし!
f0048597_1174168.jpg

by cat-diary | 2012-11-10 22:14 | BEPPU PROJECT

別府小茶会〜温泉巡り〜

えとうです。すっかり冬、寒い!「混浴温泉世界2012」絶賛開催中の別府では、ベップアートマンスも絶賛開催中。別府のまちじゅうが文化祭だらけ。いよいよCATも別府に上陸します!お楽しみに!
f0048597_4581082.jpg


合縁奇縁。移動式茶屋が別府をねり歩く
……………………………………………………………………………………………………………………………
かつて旧別府公会堂(別府市中央公民館)山田別荘で行われた「別府小茶会」の第3弾! 今回は移動式茶屋でお湯を求めて別府のまちを訪れます。お茶に使うお湯は温泉! 別府の命の源・温泉をお茶にして飲んで、別府のパワーを体の内部から感じよう! 湯あがりにお茶はいかが?

ベップ・アート・マンス2012参加企画
開催日 2012/11/10(土)
時 間 12:00~15:00(紙屋温泉)
    15:00〜17:00(まちをうろうろ)
会 場 紙屋温泉
住 所 別府市千代町11-27
料 金 5BP/500円(お茶・お菓子付き)
備 考 駐車場 なし
実施者:CAT + 先崎哲進
グラフィックデザイナー、アートディレクターとして九州を拠点に活動する先崎哲進と、福岡県太宰府市を拠点になんだかおもしろそうなことをする地域活動集団CATのモースト・デンジャラス・コンビ。

by cat-diary | 2012-11-08 22:54 | BEPPU PROJECT