<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

BEPPU PROJECT 2006 (3日目)


f0048597_025467.jpgえとうです。

朝から雨。昨日に引き続きグッさんとアカガワくんは高等温泉に宿泊。朝起こしに行くと2人とも部屋のすみっこでぐったり。聞くところによると、昨晩遅くにクラブイベントから帰って寝ようとしているところ伊藤先生(別大の先生で今回のスタードーム製作班)と宿泊が一緒になり、それからまた遅くまで飲んだようで…、でも伊藤先生はすでに次の仕事へ行ってました。タフだ。

f0048597_0252047.jpg二日酔いの2人をたたき起こして、朝食に高等温泉の裏にある「こかげ」に行きました。朝からカレー。夏に行った時に食べられなかったのでリベンジ。グッさんは朝からカレーというヘヴィーさに耐えられず苦しそう。エリツィンはトマトが苦手です。ヤトウマルはトマトが大好きです。

f0048597_0253993.jpg飯食った後はオンパクハウスへ。10月に撮影したのが完成した宮島さんの作品展。1人10分あって全部で30人くらいおるけん全て見ると300分かかるので抽出して見ました。メニューの背景は林くん。勢いよすぎ。

f0048597_0255527.jpgえとう。

f0048597_0262825.jpgやまぐち。

f0048597_0264642.jpg雨で冷えた体を震わせながら雨で大変なことになっているだろうと思われるビーコンのスモールヴィレッジへ。やっぱり会場はぐちょぐちょでとてもお客さんが楽しめるような状態ではない。雨よけにブルーシートをかけていたドームは、ブルーシートに水が溜まって天井がボッキリ折れてました。屋内では全国アートNPOフォーラムが開催されているので、その昼食用に屋台はテントを立ててなんとか営業中。それにしてもかなりかわいそうな状態で心が痛む。雨のばかやろう。

f0048597_027738.jpgここからはエトウとそれ以外で別行動。エトウは第2部「2008年に向けて」に出席。ベッププロジェクトが2008年に予定している国際芸術フェスティバルに向けていろんな人が意見を交わす刺激的なトークショー。まず代表の山出さんからプレゼンテーションされたのがこの「未定」ということ。何も決まってないけどどうしよっかという問いかけ。

f0048597_0275149.jpg全国のアートNPO関係者などいろんな人の意見が聞けておもしろい。けどなんだか山出さんが求めているような意見や、オレらみたいなアートとはちょっと離れているような人との温度差を埋めるような意見はあんまりでなくて、「応援するからがんばって」という感じに収束しちゃた感じが否めない。んー、なにか言わなきゃかなと思ってたら、学生の身でありながら今回事務局長を務めた林くんが「ここでずっと関わってきたスタッフの意見をみなさんに聞いて欲しいし、スタッフがどう感じたかを話してもらいたい」とマイクをまわしました。すごいよ林くん、よー言った。そんな話が聞きたかったよ。やっぱスタッフの人でもいろんな温度差があったりなんたりっていう実態が多少なりともある中でがんばり続けていて、それでもなにかやってみたいって思う人がいて、ここまで来たんだということがわかって安心した、というか2008年大丈夫やんて思いました。こうやって冷静にまわりを見ることが出来て、行動まで移せるメンバーがいるってことは大切なことやね。林くんもなんらかの形で関わってもらいたいけどな。学生って難しいとこやわ。

f0048597_028534.jpg他メンバーと合流して帰途へ着きました。合流した時になぜかみんな足がぐしょ濡れで「どしたん?」って聞くと「魔界が、魔界の入り口が…」とつぶやくばかり。みんなで別の世界へ行ったようです。写真は福岡に帰る前に江藤家の風呂で濡れて冷えた足を暖めるの図。


これで2006年のBEPPU PROJECTは終わり。スタッフの皆さん、ホントにお疲れ様でした。
CATのみんなもお疲れ。

by cat-diary | 2006-11-26 19:23 | BEPPU PROJECT

BEPPU PROJECT 2006 (2日目)


f0048597_16281332.jpgえとうです。

2日目。朝起きて江藤家の実家で朝ごはんを食べて、雨降りそうやし、霧が深そうやけどアフリカンサファリに行きたい!ってことで朝一で安心院へ。アフリカ象の前で記念写真。めちゃ寒い。

f0048597_16282850.jpgジャングルバスには乗らずに、グッさんカーで探検です。肉を喰らうライオン。

f0048597_16284230.jpgジャングルバスが通ると動物たちが餌を求めて近づいてきます。キリンのケツが並んだお気に入りの一枚。

f0048597_16285789.jpgキャットサロンってのがあって、世界中のいろんなネコと一緒に遊べるということで喜び勇んで行ったけど、ネコたちは休憩中。でもどうしても遊びたいので休憩時間が終わるまで待って再度来場。もー、遊ぶ遊ぶ。ネコたちと戯れる。アカガワくん熱くなりすぎ。しかしネコたちにはストレスやろうなぁ。若干かわいそう。

f0048597_16291474.jpgそろそろワークショップに行かんとまずいやろうって気づいて慌ててビーコンへ。子どもたちが遊びに来てて大学生たちと小さなスタードームをつくっていました。他にも竹を使って弓とかなんとかいろいろ。それにしても寒いし、雨降りそう。

f0048597_1630328.jpg「アートハウスおおいた」さんがプロデュースするスタードーム。ドーム内に紐を張りめぐらせて紙ヒコーキを飛ばせて紐にひっかけるという遊びで楽しめる。

f0048597_16305065.jpgこのスタードームが一番おもしろかった。この中ではお茶とお菓子を食べながら、おとなも子どもも関係なく名前で呼び合い、敬語なしでおしゃべりするというルール。ビニールの天幕であったかいし、雨も防げるし、お絵かきしたりおしゃべりしたり、子どもたちも楽しそうでした。

夕方からは「嘘のような、ほんとの別府市」というトークショー。おもしろい内容やったけど、講義みたいでちょっと残念。このスモールヴィレッジという空間だからこそ活きる話の内容と広がりが欲しかったなぁ。どんな人にこの話を聞いて欲しいのかっていう狙いもはっきりしてなかった気がするし。トークショーのコーディネートは難しいわ、ほんと。3人の語り手のうちのひとりが「私も50年位前にこんな竹を使ったイベントをしたけども、それを思い出すなぁ」とか言ってたけど、それにメチャメチャ興味あった。どんなイベントなん、それ。

f0048597_1631147.jpg別短大の沖縄県人会によるエイサー、楽しそうな笑顔がとてもステキ。このSmall Village Projectは、ほとんど全てを大学生、しかも1年生を中心に作り上げられました。自分たちで市役所に行って届出を出したり、交渉したり、テレビや新聞の取材を受けたり、広報や協力依頼も自分たちでやってたんだけど、ホントすごいことやと思う。18,19歳のコが親元はなれて大学に来て、よくわからんままにイベントを任されてここまでできる?オレが18歳ならまずできんな。

f0048597_16311527.jpg場所的にも人が常に行き来するような場所じゃないし、大きな無料駐車場があるわけでもないし、雨降りそうやし、めちゃめちゃ寒いし、いろんな原因があって集客は正直いまいちやったけど、それでも大学生たちが大人たちの手を借りず、主体的に人や事を動かして、この空間を作り上げたってことは十分価値のあることやと思う。せっかくここまでして作り上げた空間をもっと多くの人に見て欲しかったっていうのはあるかもしれんけど、自分たちが見て欲しいと思った人たちに見てもらったってことが大切やと思うね。仲間だったり、協力してくれた人だったりさ。

f0048597_16312974.jpg画質悪いけど、ほんときれいやったよ。雨よけのブルーシートもこう見ると青く光っていい感じに見えるね。次の日の最終日までなんとか雨が持ってくれるといいけど・・・と思ってたら雨が降り始めました。夜はBEPPU PROJECTのメンバーがコーディネートしてるカッパーレイブンズのクラブイベントへ。INNER SCIENCE+PORTRAL めちゃかっこよかった。今夜も夜更かし。

by cat-diary | 2006-11-25 21:26 | BEPPU PROJECT

BEPPU PROJECT 2006 (1日目)


f0048597_140878.jpgえとうです。1ヶ月過ぎたけどようやくアップ。

「BEPPU PROJECT 2006」(以下BP)の一環で行われるSmall Village Projectのアシストをするために別府に行ってきました。仕事終わりで太宰府→別府に行ったため着いたのはもう夜で、会場のビーコンプラザにはすでにスタードームが立ってました。前日は雨でこの日もかなりの冷え込み。でもスタッフの学生たちはそーとー元気!あのテンションは忘れかけた何かを思い出す。CATはスタードームの天幕を持って行っただけなのにイノシシ鍋をいただきました。めちゃうまし。

f0048597_1403455.jpgSmall Village Projectのスタッフの学生たち。別府大学短期大学APUが中心。なぜか沖縄県出身のコが多いんよね。なんでかしらんけど。ひとり何故か裸足です。寒いのに…。

f0048597_1404936.jpgところ変わって、これまたBPの一環というか独立してもすごい事業なんだけど「全国アートNPOフォーラム」も同時開催されてて、そのウェルカムパーティーに潜入。別府じゃ知らない人はいない「はっちゃんぶんちゃん」も登場して、かなり際々にキテた。会場にはAAF関係者とかもいっぱいいて馴染みやすかったんだけど、CATは人には目もくれず食う!ひたすら食う!そして飲む!アサヒビールの加藤種男さんにアカガワメンバーを「こけしです」と紹介すると、「この人の先祖は東北で、間違いなくこけしのモデルになったに違いない」という新説を唱え始めました。アカガワくんの魅力は止まる由もありません。

f0048597_141744.jpg散々食ったあげくにデザート食おうとおいしいアイスを求めてジェノバへ。これがうめーんだ。写真のアイスは何頼んだか忘れたな…かぼちゃやった気がするけど。アイスよりこっちを向いているアカガワくんの方が気になります。

f0048597_1412145.jpg別府の路地を散策して、これまたBPの一環の「ストリートプロジェクト」を見て周りました。3人のアーティストが様々なものが混在する別府の路地をフィールドにして作品を展示。路地に溶け込んでいるようで違和感を感じる作品でおもしろかったんだけど、やっぱ路地の存在感に喰われちゃう感じがあるのは否めないね。例えば太宰府でこんなのをやるとしたらって考えたけどやっぱ難しいわ。写真は全然関係なくて閉店後の飲食店の裏側で大将が振りまく魚に群がる野良猫たち。

f0048597_1415868.jpgアイス食ったのにラーメンでも食べるかということでトキワ(コスモピア)の前に出てくる屋台で一発ラーメンをすする。イノシシ鍋→パーティー→アイス→ラーメン、食い過ぎやろ。

f0048597_1413973.jpg今回のBP参加者はアカガワ、ヤマグチ、ヤトウマル、エリツィン、エトウの5人で宿泊所はみんなバラバラ。アカガワくんとグッさんは高等温泉へ。この3日間はBPスタッフで貸切やったんやけど、夜中なのに誰も帰ってない。グッさんとアカガワくんは後の人のことを考えて大部屋の隅っこにポツーンと寝てたのに、朝起きてみると夜と同じ状態でポツーンとしてたらしい。初日なのにみんな朝まで飲んでたのかな…。

by cat-diary | 2006-11-24 23:38 | BEPPU PROJECT

スペイン


f0048597_2228373.jpgえとうです。

スペインに行ってきたのでちょっと紹介。これはフランス上空。すでに街並みが違う。

f0048597_22282364.jpgもちろん行ってきましたサグラダファミリア。ちょーでけー。100年以上作り続けて完成しないってアホみたいなスケールのでかさやな。カサバトリョやグエル公園やカサミラも見て、すっかりガウディファンになりました。

f0048597_2228419.jpgこれははずせんでしょう。カンプノウでサッカー観戦。前から2列目で大興奮!バルセロナVSサラゴサで3-1でバルサの勝ち。オーレ!

f0048597_22291393.jpg今回のバルセロナ訪問で目玉だったのがこれ!これを見に行ったと言っても過言ではない!フェルナンド・ボテロのネコ。

f0048597_22293676.jpg中心街からちょっと離れたところにひっそりと佇んでます。めっちゃでっかいんよねコイツ。キン○マもしっかりついてます。

by cat-diary | 2006-11-16 22:26 | 雑記

清掃スタンプラリー


f0048597_23503364.jpgえとうです。
11月のCAT、よく働いてます。今日は太宰府市商工会青年部主催による清掃スタンプラリーです。詳細はリンク先を見ていただくとして、小雨降る中CATたちは市内各地に散らばってスタンプ押してました。おもしろかったのがね、いっぱい知ってる人が回ってくるんですよねー。これってなんかステキなことだなーと思いました。

f0048597_23505834.jpgゴール地点の大宰府政庁跡で豚汁を貪り食うCAT。鍋でかい。やっぱ炊き出しっていいわー。

参加者はトドロキ、ヤトウマル、ヤマグチ、ツツミ、エトウ。めちゃ寒かった。

by cat-diary | 2006-11-08 23:47 | 報告

地面にチョークで絵を描こう!


f0048597_23141924.jpgえとうです。

今日は牟田アトリエ主催の楽しいイベントです。太宰府市役所の駐車場一面にチョークでお絵かきしようというダイナミックな試み。もちろんスタードームVer.牟田アトリエも登場。
お母さんたち、スタードームの作り方をがんばって憶えるの図。

f0048597_23144848.jpgなんかいつも忙しくて牟田アトリエの子どもたちが描いた天幕をマジマジと見たことなかったけど、すごいいい感じの絵ばっかり。下半身が露出しているのは「またたび酒」のせいか。他にもいい絵ばっかり。子どもは天才やわー。

そうそう、このイベントは今年で2回目で、1回目は去年の同じ時期。今は甘酸っぱい思い出として語られるCATが企画提案した市事業の九博開館イベント「COTOCOTOだざいふ」の参加企画募集に、牟田アトリエが勇気をもって参加してくれたのでした。で、今年もまたやろーぜーということで、やりました。

f0048597_2315734.jpgまだ開始直後でまっしろなキャンバス。

しかし、地面にチョークで絵を描いて遊ぶなんてこと、最近とんと見かけません。やっぱ車社会になって外が危なくなったり、昔と違って極端な管理社会になったせいか。最近の子はケンケンパとかあんましないんだって、というか、できない。さみしいこってす。

f0048597_2316347.jpgこのチョークね、ドイツ製のシュタイナー?だっけ?とかなんとかいうチョーク。発色がきれい。

f0048597_2317421.jpg子どもたちは、のびのびと絵を描きます。

f0048597_23172297.jpgCATのおにーさんたちも無邪気に現場検証です。

f0048597_23173866.jpgタケシタメンバーが書いた「B」の部分がよくできてます。顔のあたりは血を吐いているのか・・・。

f0048597_23184275.jpgふと横を見るとコバヤシメンバーがポツンと寝転がって何か描いてる。
               ↓
               ↓

f0048597_2319765.jpgコバヤシ画伯の壁画シリーズ。シリーズはⅠ~Ⅶまであるので、今後Tシャツにして販売予定(ウソ)。ピカソを思わせる出来栄えです。

f0048597_23203263.jpgなんかこれおもしろいよねー。太宰府市中の車止めに壁画を描いてそれを巡るのもおもしろいかも。
しかし、こういうくだらないことをする人がCATにいることって、とてもステキなことやなーと思う。地面に絵を描いてて「想像力失ったなぁ」と実感したけど、でもまだ心の奥底に子ども心は眠ってるんだって、思うもん。

f0048597_2321237.jpgトドロキメンバーも35歳。過酷な労働で膝が笑ってます。しかし30過ぎたいいおっさんが履くジーンズの破れ方じゃないな、これは。誰か品のいいスラックスを買ってあげてください。

f0048597_23211932.jpgよく駄菓子やとかで売ってるプーッと膨らませる風船で遊んでる子どもが増えてきた。なんだろー?と思ってその先を見ると・・・

f0048597_2321531.jpgグッさんの周りに列が!子どもはお利口さんに並んで待ちます。風船を作るあまりにもかっこいいグッさんの姿に、「ねぇねぇ、あのお兄ちゃん仮面ライダーに出てくる人やない?」とコソコソ話をする子ども。かわいい!あまりにかわいすぎる!ちなみにこのグッさんはペイントで眉毛がつながっています。

f0048597_23221112.jpg見えにくいけど、この石のどこかに本物のアカガワメンバーが隠れています。本物はどれでしょう?伝わりにくいかなぁ。(-_-)←岩にこんな絵が描かれてるんだけどね…。微妙やね。

f0048597_044419.jpg
数時間後には駐車場一面に絵が広がっています。

f0048597_024652.jpg
みんなで記念写真をパチリ。

地面をキャンバスに、絵を描く。前に藤さんが言ってたけど、「地域っていうキャンバスに、どんな絵(出来事)を描くのかっていうのは、絵を描く人(その場所に住む人、関わる人)次第」ってのを思い出した。今日は地球にいい絵を描いたな。

f0048597_2323322.jpg終わった後はみんなでお掃除。消防ホースでの放水に子どもたちは大はしゃぎ。でも危ないんだぞ、これ。しかし、儚くも消えてしまう夢の跡。子どもたちが描いたステキな絵をそのままに残しておいてもいいのに、どうせ消えるし。これをすぐに消せと言う市役所なんてキライだ。みんなに見てもらえばいいのに。

ま、とにかくとても楽しい一日でした。おとなも子どもも楽しめたステキなイベントでした。結局150人近く集まったんだってさ。

by cat-diary | 2006-11-04 23:13 | 報告

『沖縄発 三弦三昧』


f0048597_11281998.jpgすごくかっこいいコンサートでした。アーティストもすごくいい方たちばかりで、楽しかったー。3つの弦で構成されるそれぞれの楽器は、全然違う音やった。なんていうかね、印象で言えば「中国三弦」はクラシック、「三線」はブルース、「津軽三味線」はヘビーメタルって感じやね。(写真は九博の池。演奏中は撮るの忘れてた)

f0048597_11285724.jpg費堅蓉(中国三弦)、新良幸人(三線)、サンデー(鳴物)、「あんみ通」安仲由佳・金田一公美(津軽三味線)、志田真木(琉球舞踊)









費堅蓉:「辺寨之夜」
費堅蓉:「砂漠之旅」
費堅蓉+新良幸人:セッション
八重山民謡:「小浜節」
沖縄本島古典曲:「瀧落とぅし」
沖縄民謡:「加那ヨー」
沖縄民謡:「天川」
上地正昭・曲/新城和博・詞:「満天の星」
新良幸人+あんみ通:セッション
津軽民謡:「津軽じょんから節」
あんみ通:「クルンテープ」
あんみ通:「あんじょん2」
費堅蓉+新良幸人+あんみ通+サンデー:三弦セッション

by cat-diary | 2006-11-03 11:23 | 雑記

明日はロビコン

f0048597_11162526.jpgアサヒビールロビーコンサートin太宰府 『沖縄発 三弦三昧』

前夜祭で中州。河豚を喰らふ。

by cat-diary | 2006-11-02 11:12 | 雑記

BEPPU PROJECT 2006のお知らせ

えとうです。
11月24日~26日に大分県別府市で開催される全国アートNPOフォーラムを初めとしたBEPPU PROJECT 2006のお知らせです。下記画像をクリックしてご覧ください。CATはSmall Village Projectに参加します。

f0048597_1345758.jpg


f0048597_1353070.jpg


f0048597_1362882.jpg

by cat-diary | 2006-11-02 01:33 | お知らせ