カテゴリ:だざいふ基本計画2006Plan1( 3 )

これまでのはなし これからのはなし

「だざいふ基本計画2006」Plan1 スタフェスを検証し、展開するシンポジウム
『これまでのはなし これからのはなし』
~あなたが訪れた太宰府 あなたが育った太宰府 あなたが感じた太宰府 
     それぞれの太宰府がこれからの太宰府をつくる~

f0048597_2230048.jpgえとうです。

これでひとまずスタフェスが完結した。スタフェスという現象がなんだったのかということを企画運営したCATがいちばん理解してなかったのかもしれない。一体あれはなんだったのか、ということを検証し、展開していきたいということで企画したのがこのシンポジウム「これまでのはなし これからのはなし」。まずはスタフェスドキュメンタリー映像で記憶を呼び覚ます。あの夏が甦る。

f0048597_2230770.jpg続く2部では、トークセッション。スタフェスのアドバイザーをしていただいた藤さんには、「スタフェスのプロセス、そのインパクト」。AAF実行委員会事務局長の芹沢さんには「AAFとは、太宰府と他地域のつながりの可能性」。太宰府天満宮宮司西高辻さんには「これまでの太宰府の歴史、これからの太宰府への期待」をお話してもらいました。これがもう感動的で、壮大で、刺激的で、何かの衝動に打ち震えました。この話はできるだけ多くの人たちに伝えたい。なので、今後ちょっとづつですが、シンポの内容を公開していきます。お楽しみに。
あまりに想うことが多すぎたので、このシンポのお話はまた別の機会に。

by cat-diary | 2006-04-22 22:30 | だざいふ基本計画2006Plan1

「だざいふ基本計画2006」Plan1 「これまでのはなし これからのはなし」

エトウです。
 前回「だざいふ基本計画2006」ってなに?ってことを簡単にご紹介しましたが、今回はその具体的な企画のお知らせです。

 昨年、「だざいふ☆スタードームフェスティバル2005」をいうイベントを行いました。これまでの太宰府にはなかった形で行われた、地域資源を活かし住民を主体とした参加型のイベントでした。延べ200人以上ものボランティアが関わり、スタードーム(半球型のテント)を作るための竹を切って割って、天幕となるシーツを縫い、多くの人の手によって作り上げられたこのイベントが、太宰府にとってどのような影響を与えたのでしょうか。市内に住んでいる人、市外から訪れた人はどのように思ったのでしょうか。そして、これからの太宰府はどのような展開を見せるのでしょうか。
 このシンポジウムでは、スタフェスの紹介を交えながら、「これまでの太宰府」と「「これからの太宰府」を、みなさんで考え話し合い、さらには次の展開へ繋がっていくためのシンポジウムです。

みなさん、どしどしお申込をよろしくおねがいします!
↓↓↓

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「だざいふ基本計画2006」Plan1 スタフェスを検証し、展開するシンポジウム
「これまでのはなし これからのはなし」
~あなたが訪れた太宰府 あなたが育った太宰府 あなたが感じた太宰府
       それぞれの太宰府がこれからの太宰府をつくる~
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
?

☆日 時:2006年4月22日(土)14:00~16:30
☆会 場:九州国立博物館ミュージアムホール
☆参加料:無料
☆定 員:300名

■パネリスト■
藤 浩志(藤浩志企画制作室代表/美術家)
芹沢 高志(P3 art and environmentディレクター/AAF2006事務局長)
西高辻 信良(太宰府天満宮 宮司)
【コーディネーター】 
・宮原 裕美

■プログラム■
第1部 (14:00~14:30)
 ・「だざいふ☆スタードームフェスティバル2005」のドキュメンタリー映像の上映
第2部 (14:45~16:30)
 ・シンポジウム「これまでのはなし これからのはなし」
  これまでの太宰府とこれからの太宰府についてのトークセッション。

■申込方法/問合先

会場整理の都合上、事前にお申込ください。申込は定員になり次第締め切ります。整理券などの返送はいたしませんので当日会場にお越しください。事前申込がない場合で、当日空席があればご参加いただけます。
①氏名(ふりがな、グループの方は全員分の氏名)②郵便番号③住所④TEL/FAX/e-mail を明記の上、ハガキまたはe-mailで下記までお申込ください。
〒818-0118 太宰府市石坂1-4-29・301 CAT事務局 担当:江藤宛
e-mail:dazaifucat@yahoo.co.jp

HP:http://dazaifucat.client.jp/
スタ☆フェスHP:http://dazaifucat.client.jp/dsdf05/dsdf.html


f0048597_0142774.jpg
f0048597_0143316.jpg

by cat-diary | 2006-03-21 00:52 | だざいふ基本計画2006Plan1

「だざいふ基本計画2006」

エトウデス。
 最近は「アジア代表日本」の活動ばかりでCAT本体の活動を忘れがちですが、2006年のCATは「だざいふ基本計画」という企画をやります。この企画は昨年同様全国各地で展開されるAAF2006の参加企画です。
 さ、「だざいふ基本計画2006」ってのは一体なに?ってことなんですが、説明すれば長くなるんですけどー、まずは私の生い立ちからご紹介することになります。時は昭和54年、機動戦士ガンダムが放送開始。全国の子どもたちがテレビアニメに夢中になってる頃…って、こんなこと書いても誰もなにも言ってくれないので、やめることにします…。あー、こんな意味ないことしてるから長くなるんだけど、サクッと説明するとですね、昨年の「だざいふ☆スタードームフェスティバル2005」をやったことで、いろいろやりたいことや反省することやなんやらかんやら出てきたんですけど、それでもこれからの太宰府で地域の人たちと一緒になにかやっていきたいなー、という気持ちがありまして、じゃあやっちゃおうじゃないと。そういうことです。

 つまり、もっと長期的なビジョンで、継続的に地域活動していくために何が必要なのか。「太宰府ってワクワクするなぁ」とか「太宰府ってグッとくるなぁ」とかそんな気持ちになれるものを自分たちで創造していくために何が必要なのか。というのをみんなで考えましょうや、というのがこの「だざいふ基本計画2006」なのです。
 んー、わかったようでわからんような。そんなんです、そんな感じなんです。だってこれから作っていくものなのですから。予測不能のおもしろい現象が起こって、それが展開されていく、そんな現場にみなさんと一緒に居合わせたいな、と思います。

 で、具体的になにすんの?って結局こうなっちゃいますが、
★シンポジウム(みんなで考えて語り合える場)
★まちあるき(太宰府の意外なとこを発見)
★ワークショップ(まちあるきで感じたものを何かで表現)
★夏祭り的なこと(夏の夜、みんなで集まって語らうの会)
ってことを考えています。
詳細はこれから追ってご紹介していきますので、ぜひみなさんも一緒になって太宰府で遊びましょう!

by cat-diary | 2006-03-20 23:33 | だざいふ基本計画2006Plan1