カテゴリ:雑記( 78 )

国東半島芸術祭

えとうです。国東半島芸術祭に行ってきました。前回も行きたくて行けんやったんやけど、今回は思わぬタイミングと思わぬメンバーで行くことになってラッキー。大分県出身のボクですが、実は小1、2の時に豊後高田市に住んでいて、遠足には真玉海岸に行ったりと国東半島には思い出がいっぱいです。豊後高田市の総合インフォメーション周辺はよく遊んだところやし、同級生のお母さんがインフォメーションのボランティアさんをやっていたりと懐かしいやら、びっくりやら。
f0048597_556189.jpg

何かと話題になったゴームリーの作品もとてもよかったけど、地元の人たちのおもてなしがとてもすばらしくて、お話もおもしろい!時間がなかったけど、おもしろいお話をいっぱい聞かせてもらいました(笑)チームラボの作品もよかったなー。レジデンスプロジェクトもおもしろかった。帰りには宇佐の唐揚げ買ったし、とにかくとても楽しいツアーになりました!
f0048597_557225.jpg

by cat-diary | 2014-11-21 05:57 | 雑記

アフォーダンス

えとうです。今日も朝から太宰府天満宮で染め染めします。観光客がまだ来ていない朝の参道、ついにブルーフラッグがお目見えしました。今回は日比野さんデザインでJAPANの文字。SAMURAI BLUEよりも普遍性があって、サッカー日本代表を応援しているということ以外の意味を想像できるデザイン。実行委員会スタッフが地道に一軒一軒歩いて回って太宰府のまちの中にどんどんブルーフラッグが広がっていく。店先にも、マンションのベランダにも、一軒家の物干し竿にも。太宰府からなにかを外に発進している気がして、とてもステキな風景。ブルーフラッグを飾っている人たちに聞いて回りたいな、ただサッカー日本代表を応援しているという意味だけで飾っているのか、それとも他の何かを想像することができたのか。
f0048597_20294040.jpg

同日、九州国立博物館では、つくしJC主催のフォーラムがあって、片山正通さん(インテリアデザイナー)と中川淳さん(中川政七商店 十三代 代表取締役社長)の話を聞いてきました。コーディネーターは我らが西高辻信宏くんです。ゲストのそれぞれのお話と鼎談はとても刺激に満ちていて、楽しかった。

このフォーラムは「魅力をどのようにデザインすれば、新たな文化が生み出せるのか」というのをコンセプトに掲げてたんやけど、3人のお話はデザインが持っているアフォーダンスに注目していたような気がする。モノと人のつながりとか、まちと人のつながりとか、デザインはそのつながりを可能性を広げる力があるやんってこと。対象をよく見せるためのデザインだけじゃなくて、デザインすることで物事が正確にわかりやすく伝えることができて、その関係性が自然によりよくなるというデザイン。
f0048597_20294510.jpg

デザインが不十分であれば、物事は正しく相手に伝わらない。そういうことがブランディングができないことにつながってくるんじゃないかなぁと思うのでした。だって大事なコンセプトが伝わらないってことやもんね。

まちはデザインされるべきだし、行政もデザインされるべきだ。そういう意味でも田北さんがやってる「行政とデザイン」、すごく気になる。

by cat-diary | 2014-05-17 20:11 | 雑記

岩巡りと発表会予行演習

えとうです。よっしゃー、どんどん遡るぜー。日付が結構飛ぶのは記憶がほとんどないからです。おぼえている断片だけを残すよ、アーカイブ大事だからね。

今日はね、太宰府天満宮で開催中のアートプログラム「The Problem of the Rock」最終日ギリギリにゆっくり見る時間をつくれました。アンダーソンさんのガイドで、くすかき期間中子どもたちがずっと気になっていた岩の秘密を説明してもらったんだけど、子どもたちは池の鯉や亀が気になるご様子。いやー、この展覧会は説明を聞いたり、制作秘話を聞くとより楽しめた!お宮の観光ガイドさんとアートプログラムの関係性も変わってきてるそうで、これからの太宰府天満宮がもっと楽しくなりそう!市民とアートの距離感がもっと近くなるといいなぁ。
f0048597_1255620.jpg

そんで夜は山かげ亭でNPO法人アートのたねの発表会予行演習。助成金をもらうためのプレゼンで、まじめにやりつつも、ふざけろふざけろ!と理事長を追いつめます。練習の成果もあって見事助成金をゲット!すばらしいプログラムをつくって太宰府に還元しますよー!
f0048597_126199.jpg

by cat-diary | 2013-06-29 01:24 | 雑記

シエマ~わいわいコンテナ~シルクロ

えとうです。今日はずっと行きたかったところに行ってみることにしました。いざ、佐賀へ!69'nersFILMの時から興味があってシエマができた時にいかねばと思いつつ早何年、ついに行くことができました。映画は見れんやったけど、カフェだけでも。置いてある本とかもいい感じでゆっくりできるカフェでした。家の近くにほしいなぁ、あのカフェと映画館。

腹ごしらえして、佐嘉神社や近くの川を散歩しながらわいわいコンテナへ。うらやましいなぁ、この社会実験。ずっとこのままあればいいのに。人が集える、交流できる、情報を発信できる、いろんな可能性を持ったステキな拠点。芝の広場もいいなぁ。こういう感じのスペースをつくりたいといつも思ってて、あれとあれをくっつけて、あんな感じでこんな風にすればいいんじゃないかと妄想が膨らむ。すごくいいヒントをもらいました。ここも家の近くにほしいなぁ、ゆっくり本が読めそう。
f0048597_1465810.jpg

さて帰ろうと思ってたら、わいわいコンテナに置いてあるチラシがふと目に入った。工房まるの展覧会が近くのギャラリー・シルクロであってる!これは行かなきゃと思い寄ってみる。ここで樋口さんに会えたらおもしろいなぁと期待してたけど、そんな偶然はない。すごく見ごたえのある作品ばかりでおすすめです。カフェも併設されてるみたいで、ここでもゆっくりしたかったなぁ。2/20(金)は似顔絵ワークショップもあるみたいよ。

佐賀、おもしろい。でも遠い。鳥栖くらい近かったらなぁ。

by cat-diary | 2012-01-14 01:38 | 雑記

稲刈りと芋掘り

えとうです。長いことブログ放置です。だってなんもしてないから書くことないしー。

この前、今年も参加している北谷の米作りが収穫を迎えました。雨上がりの稲刈りで足元はゆるかったけど、無事に収穫。去年から参加している子どもたちを見ていると成長したなーと思う。田んぼに入ることを嫌がっていたけど、今年は田植えもして稲も刈ることができるようになった。新しく生まれた赤ちゃんもいたり、またお腹が大きくなったお母さんもいたり。
f0048597_085681.jpg

芋掘りはかれこれ20年以上ぶりに体験、これが楽しかったー。芋はイノシシに荒らされて格闘の連続やったらしいけど、無事に大きな芋を収穫!子どもたちも掘って出てきた芋に大興奮!やっぱいいなー、こういうの。
f0048597_091494.jpg
うちの実家で毎年してた米作りも、じいさんが亡くなって来年からはしないということになった。米作り体験を子どもにさせたいというのもあるけど、今の時代、自分で育てた米を食べたいというのもある。来年からどうしよ。CATで米作りと畑作りするかなぁ。
f0048597_0271671.jpg

by cat-diary | 2011-10-23 21:02 | 雑記

はじめての宝満山登山

えとうです。今日は意外や意外、自分でも意外、はじめて宝満山に登ります!これまでなかなかチャンスに恵まれなかったんで、楽しみ。今日のメンバーは、元CATと元CATの男子たち。着実に年をとっています。僕も登山は高校生以来、登れるか?しかも集合場所から山の麓までは車で行くはずやったんやけど、集合場所に行くと誰もおらず、「どこ?」と電話すると、「ごめん、忘れてた。もう車で出た」とのこと。そこから麓まで自転車でよいせよいせと登って、登山する前から足パンパン。
f0048597_5252585.jpg

今日は涼しくて、気持ちのいい天気で、さくさくと登れました。宝満山は本当に登りやすい、2時間あればゆっくり登れます。廃仏毀釈の影響が見れたり、修験道のなごりを感じられたり、歴史的なお勉強もしてみたいな。今日は本当に天気がよくて、山頂では遠くまで見渡せました。ベテランのおじさんが言うには、「今日は雲仙まで見える、君たち運がよかったな」とのこと。今度は冬に登って、凍った難所ヶ滝みてみたいなぁ。
f0048597_5254473.jpg

by cat-diary | 2011-05-07 09:24 | 雑記

ボクらはみんな生きている

えとうです。今夜は自由時間、そそくさと仕事を片付け一路アートリエへ。工房まると泉山さんが関わっているエイブルアート2011「Life Map」を見に行くのだ!閉店間際に滑り込み、偶然まるの樋口さんに会って談笑。

樋口さんと別れて、閉店間際の会場でひとり泉山さんの作った映像を見てると、詩と音楽がとてもよくて、それにも感動したんやけど、ぼんやり見てるうちにと詩も音楽もあんまり頭に入んなくなって、ただ映像が流れて、なんか登場する人たちの笑顔がなんか、「生きる」ってこんなことやなと思った。日常が、仕事や友人やご飯や睡眠とかいろんな普通のことの連鎖で流れている。健常者と障害者には違いがあるかもしれんけど、それぞれにそれぞれの日常があって、それには違いはなくて、楽しかったり、悲しかったり、みんな社会の中で生きている。当たり前やけど、妙に納得。
f0048597_0361682.jpg

by cat-diary | 2011-03-08 00:03 | 雑記

おもしろスイッチが入りそう。

えとうです。今日は久しぶりに藤浩志さんとお会いました。そして太宰府天満宮界隈を歩く。藤さんに太宰府に来てもらったのは、藤さんと会わせたい人たちがいたから。それと、タイミングよく太宰府天満宮のアートプログラム/ライアン・ガンダー展があってたからそれを見るついでに、新しい何かが始まりそうな話をしようというわけ。
f0048597_18488.jpg

まずはライアン・ガンダー展。天満宮のお友だちたちに案内してもらいました。今回の展覧会はおもしろいけど、説明つきの方がいろいろわかっていいかもしれん。が、難解だったとしても、それはそれでいいのだと思う。個人的に最近アートとの付き合い方がわかってきた気がするのだ。ま、それはいいとして、見たほうがいいよ、ほんとに。単純にショッキング!かっこいい!クスクス(笑)なにこれ?などなど多彩な作品ばかりで、なにより今まででいちばん「太宰府天満宮」のための展覧会のような気がするし、いろんな形でいろんな関わり方を提示している。
f0048597_181255.jpg

梅ヶ枝餅お重ねのおもてなしを受けながら、藤さんの龍のお話。なんかホントに縁があるよなー。なにかCATでできるだろうか。なんかしたい。スタフェスの時に藤さんがやってくれたものドラゴンドームだったなぁ。その場所の設定は「龍穴」だったし、風水都市太宰府の御笠川は青龍。
f0048597_181939.jpg

鯉が急流をさかのぼれば龍になる、登竜門。鯉に乗っているのは天神さま。別に立身出世なんかどうでもいいけど、CATもなんか変われるか?
f0048597_182757.jpg

たまたまこの日は天気がおかしくて、雨だったり、みぞれだったり、雪になったり、とにかく寒い!そんな中、神職さんたちがお手水舎のお掃除をしてたところに遭遇。水を抜いたのはじめて見た。足も寒そうやけど、亀も寒そう。実はこの亀、鶴を彫ろうとして亀になったとか、龍を彫ろうとして亀になったとか、そんな噂があるらしい。
f0048597_183350.jpg

今日藤さんと会わせたかった人たちはこの方々。太宰府発見コンクールからの流れで太宰府検定が現実的になりそうで、その実働チーム。すでにJCのちくし検定があったり、また別の太宰府の検定が出てきそうだったりしてる中で、どんな展開ができるかなぁ。藤さんにはいろいろとヒントをいただきました。なによりボクが期待してたのは関係者たちの開いたことのない頭のドアを開けることと、心の安全バーをあげること。
f0048597_183811.jpg

実はやりたいことがいろいろ出てきたのは自分だったりして。おもしろスイッチが入りそうやけど、スイッチが硬くなってるぞ、オレ!

by cat-diary | 2011-03-03 01:06 | 雑記

太宰府のベロタクシー

えとうです。あったかくなったり、寒くなったり、花粉が舞ったり、雪が舞ったり、いろいろとめまぐるしいですが、必死で生きてます。

f0048597_23281751.jpgライアン・ガンダー展が好評開催中の太宰府天満宮に行ったんやけど、この日は展覧会は見に行かず、お参りとお守りを求めに行きました。

その時にふと「まほろばのもり2010」でお世話になった太宰府のベロタクシーを発見したので、乗ってみることに。短い区間やったけど、いい感じの乗り心地でした。

なんかできそうなんやけどなぁ・・・。もったいないなぁ。しかし梅がキレイだった。

by cat-diary | 2011-02-27 23:18 | 雑記

フレクトリックドラムス!

えとうです。寒中見舞い申し上げます。すっかり1月も半分過ぎちゃいました。年末からいろいろあって、いろんな出来事があったけど忘れてしまった。

そうそう、12月の初めから書きたいことがあって、それをようやく書きます。フレクトリックドラムス、すごいぞ!ということです。

2005年のスタフェスの時、まだ院生だった馬場くんが今では博士になっちゃって、東京の大学で教鞭をふるっているとのこと。その馬場くんが、ついにフレクトリックドラムスを商品化したのです!おめでとう!Com+で見たプロトタイプのフレクトリックドラムスが、形を変えて進化してました。これは買うっきゃない!とカミさんに無断で「子どものクリスマスプレゼントだから!」という予防線をはりつつ馬場くんに注文。12月のはじめに届いていたけど、クリスマスまで開封できず待ち遠しかったけどついにクリスマスに解禁しました。子どもたちのクリスマス会で遊んで、親たちも「これはおもしろい!」と絶賛。初めてあった親同士でやってみたんやけど、いきなり手をふれあったりして、相手の緊張や遠慮が伝わったりしておもしろかったー。もうすぐバレンタインデーだから、好きな男の子にタッチしたい女子にはお勧めの一品です。馬場くん、すごいぞ!

この1台で5人のバンドが組める。CATのみんなで練習してコンサートでも開くか!

by cat-diary | 2011-01-18 01:10 | 雑記