カテゴリ:報告( 55 )

久々に太宰府についてちょっとだけ考えた

f0048597_22285754.jpgえとうです。
今夜は太宰府市商工会青年部のみなさんと、太宰府天満宮の若衆とCATが集まって、懇親会をしました。まずはみんなで城戸さんの「ちょっと前の太宰府」のお話を聞いて、あとは写真のとおり大宴会。ヤマグチ、ヤトウマル、ツツミ、エトウが参加。

城戸さんのお話、おもしろかったなぁ。米軍の航空写真とかを使って、どういう風に太宰府の町が変わっていったのかを見たんだけど、やっぱ昭和40年以降はすごい変わりようやね。平安期からその時代その時代の太宰府のグランドデザインがあって、やっぱ昔があって今があるっていうことを認識するのはすごく大事。そんでそれを伝えていくってことね。何をしててもこの原則に立ち返る。ということはよっぽど大事ってことだな。

今回の集まりは商工会青年部のみなさんが企画してくれたんですけど、こうやって各団体の若手が集まるっていうのが太宰府ではなかなかなかったわけで、と言っても繋がりがなかったわけではないけど。なんというか、こうやってみんなで太宰府を考えているということが、この先の太宰府にとって意味のあることでありますように、と思う。

あ、それと、太宰府天満宮名物の「男の酒」のレコーディングに成功しましたが、あまりにもいい出来すぎて動画配信は自粛します。もったいないけど。

by cat-diary | 2007-02-23 22:26 | 報告

太宰府で何かやりたいって思ってる人たち

f0048597_23555732.jpgえとうです。
今日はNPO太宰府ボランティアネットワークのみなさんのお誘いで、太宰府についていろいろとお話しました。「観光」がテーマで。長崎のさるく博みたいなのが太宰府でできんかなーとか、太宰府検定とか自分たちでやってみたいなーというお話をしました。こうやって太宰府の人が太宰府でなにかしたいって思ってくれることはいいことだ。お手伝いしたくなる。

by cat-diary | 2007-02-01 23:53 | 報告

談話会「神社とアートとまちづくり」



f0048597_215269.jpgえとうです。

今日はなぜか北九州。太宰府天満宮の西高辻信宏禰宜からのお誘いで「北九州市美の花田さんや北九州市役所の人たちが、太宰府でのアートプロジェクトとかまちづくりについてお話が聞きたいって言ってるんだけど行かない?」ということで、なんかよーわからんけど行ってみたものの、写真のとおり思ってたイメージとだいぶ違う!お客さんが入っててオレらふたりがお話しするって感じでちょっとびびった。場所は北市美の花田さんのご自宅なんだけど、これがまたすごいお宅で木造りの、なんていうんだろ、かっこいいんですなこれが。この場所は普段は寝室として使ってるらしいんだけど、30人くらいはいたかな。

f0048597_21522161.jpgというわけで探り探り話し始めました。オレはCATの成り立ちから「スタフェス」「だざいふ基本計画2006」と太宰府市のまちづくりについて。久々にスタフェスの話をしたけど、やっぱ「竹まつり」「天幕まつり」の話をするとみんなびっくりするんよね。それよりオレの話した内容がテキトーやしテーマに即してたかどうかがわからんし、よかったんやろか。何を聞きたかったんだろね、まいっか。

f0048597_21523714.jpg信宏禰宜は太宰府天満宮とまちとの関係や「アジア代表日本」やこれからの太宰府天満宮についてなど流暢にお話してました。へぇーという言葉がいちいち漏れる。でも神職さんからこういうふうにお話を聞く機会ってそうそうないからおもしろいよね。お客さんはこのお話を聞くだけで価値があったってもんですよ。

f0048597_21524937.jpgで、最後に花田さんからなんでこのような場をもったのかという話を交えながら、現在進行中の北九州のとある神社を使ったまちづくりの構想の紹介がありました。これまた太宰府とはだいぶ雰囲気や成り立ちが違うけどなんだかおもしろいことになりそう。この談話会の内容は下記のとおり。

「清田の家」ではアートをめぐる話題を中心に談話会を不定期に開催します。記念すべき第一回は、私(花田)が関わっている「ひまわり塾」(まちづくり研修)とも関連して、「まちづくり」における「神社」の役割や「アート」の役割について話しあえる場にしたいと思います。今回は、西高辻信宏氏(太宰府天満宮禰宜)と江藤応樹氏(CAT)を講師にお招きして、両氏が「アート」と「まちづくり」をめぐって太宰府天満宮の内外で展開されている活動についてお話しいただきます。

----------------------------------------
■談話会「神社とアートとまちづくり」
日 時 2006年12月20日(水)19:00~
話し手 西高辻信宏(太宰府天満宮 禰宜)
     江藤 応樹(CAT)
聞き手 花田伸一(北九州市立美術館 学芸員)
会 場 清田の家(北九州市 花田宅)
----------------------------------------

by cat-diary | 2006-12-20 21:50 | 報告

清掃スタンプラリー


f0048597_23503364.jpgえとうです。
11月のCAT、よく働いてます。今日は太宰府市商工会青年部主催による清掃スタンプラリーです。詳細はリンク先を見ていただくとして、小雨降る中CATたちは市内各地に散らばってスタンプ押してました。おもしろかったのがね、いっぱい知ってる人が回ってくるんですよねー。これってなんかステキなことだなーと思いました。

f0048597_23505834.jpgゴール地点の大宰府政庁跡で豚汁を貪り食うCAT。鍋でかい。やっぱ炊き出しっていいわー。

参加者はトドロキ、ヤトウマル、ヤマグチ、ツツミ、エトウ。めちゃ寒かった。

by cat-diary | 2006-11-08 23:47 | 報告

地面にチョークで絵を描こう!


f0048597_23141924.jpgえとうです。

今日は牟田アトリエ主催の楽しいイベントです。太宰府市役所の駐車場一面にチョークでお絵かきしようというダイナミックな試み。もちろんスタードームVer.牟田アトリエも登場。
お母さんたち、スタードームの作り方をがんばって憶えるの図。

f0048597_23144848.jpgなんかいつも忙しくて牟田アトリエの子どもたちが描いた天幕をマジマジと見たことなかったけど、すごいいい感じの絵ばっかり。下半身が露出しているのは「またたび酒」のせいか。他にもいい絵ばっかり。子どもは天才やわー。

そうそう、このイベントは今年で2回目で、1回目は去年の同じ時期。今は甘酸っぱい思い出として語られるCATが企画提案した市事業の九博開館イベント「COTOCOTOだざいふ」の参加企画募集に、牟田アトリエが勇気をもって参加してくれたのでした。で、今年もまたやろーぜーということで、やりました。

f0048597_2315734.jpgまだ開始直後でまっしろなキャンバス。

しかし、地面にチョークで絵を描いて遊ぶなんてこと、最近とんと見かけません。やっぱ車社会になって外が危なくなったり、昔と違って極端な管理社会になったせいか。最近の子はケンケンパとかあんましないんだって、というか、できない。さみしいこってす。

f0048597_2316347.jpgこのチョークね、ドイツ製のシュタイナー?だっけ?とかなんとかいうチョーク。発色がきれい。

f0048597_2317421.jpg子どもたちは、のびのびと絵を描きます。

f0048597_23172297.jpgCATのおにーさんたちも無邪気に現場検証です。

f0048597_23173866.jpgタケシタメンバーが書いた「B」の部分がよくできてます。顔のあたりは血を吐いているのか・・・。

f0048597_23184275.jpgふと横を見るとコバヤシメンバーがポツンと寝転がって何か描いてる。
               ↓
               ↓

f0048597_2319765.jpgコバヤシ画伯の壁画シリーズ。シリーズはⅠ~Ⅶまであるので、今後Tシャツにして販売予定(ウソ)。ピカソを思わせる出来栄えです。

f0048597_23203263.jpgなんかこれおもしろいよねー。太宰府市中の車止めに壁画を描いてそれを巡るのもおもしろいかも。
しかし、こういうくだらないことをする人がCATにいることって、とてもステキなことやなーと思う。地面に絵を描いてて「想像力失ったなぁ」と実感したけど、でもまだ心の奥底に子ども心は眠ってるんだって、思うもん。

f0048597_2321237.jpgトドロキメンバーも35歳。過酷な労働で膝が笑ってます。しかし30過ぎたいいおっさんが履くジーンズの破れ方じゃないな、これは。誰か品のいいスラックスを買ってあげてください。

f0048597_23211932.jpgよく駄菓子やとかで売ってるプーッと膨らませる風船で遊んでる子どもが増えてきた。なんだろー?と思ってその先を見ると・・・

f0048597_2321531.jpgグッさんの周りに列が!子どもはお利口さんに並んで待ちます。風船を作るあまりにもかっこいいグッさんの姿に、「ねぇねぇ、あのお兄ちゃん仮面ライダーに出てくる人やない?」とコソコソ話をする子ども。かわいい!あまりにかわいすぎる!ちなみにこのグッさんはペイントで眉毛がつながっています。

f0048597_23221112.jpg見えにくいけど、この石のどこかに本物のアカガワメンバーが隠れています。本物はどれでしょう?伝わりにくいかなぁ。(-_-)←岩にこんな絵が描かれてるんだけどね…。微妙やね。

f0048597_044419.jpg
数時間後には駐車場一面に絵が広がっています。

f0048597_024652.jpg
みんなで記念写真をパチリ。

地面をキャンバスに、絵を描く。前に藤さんが言ってたけど、「地域っていうキャンバスに、どんな絵(出来事)を描くのかっていうのは、絵を描く人(その場所に住む人、関わる人)次第」ってのを思い出した。今日は地球にいい絵を描いたな。

f0048597_2323322.jpg終わった後はみんなでお掃除。消防ホースでの放水に子どもたちは大はしゃぎ。でも危ないんだぞ、これ。しかし、儚くも消えてしまう夢の跡。子どもたちが描いたステキな絵をそのままに残しておいてもいいのに、どうせ消えるし。これをすぐに消せと言う市役所なんてキライだ。みんなに見てもらえばいいのに。

ま、とにかくとても楽しい一日でした。おとなも子どもも楽しめたステキなイベントでした。結局150人近く集まったんだってさ。

by cat-diary | 2006-11-04 23:13 | 報告

久々のCAT会議

f0048597_22454561.jpgえとうです。

いつもダラダラのCATですが、今日もファミレスでダラダラと会議しました。会議内容は①キモトについて(会話率90%) ②AAF2007には応募しないこと(会話率3%) ③CAT新プロジェクト(会話率2%) ④メガネの話(会話率5%) 要するにキモトについての話を95%しましたよ、という報告です。参加者はグッさん、ヤトウマル、ハヤカワプロ、エリツィン、キモト(日本メガネ党Cランク)、エトウでした。

by cat-diary | 2006-10-30 22:45 | 報告

川とコマと渡辺郷


f0048597_22361732.jpgえとうです。

今日は、御笠川ピカピカ大作戦といって、太宰府を流れ博多湾へと注ぐ御笠川をきれいにしようという大学生主導で始まったボランティアに参加しました。あまり慈善活動はしないCATですが、みかピカのみんなはCATと一緒に遊んでくれるので、CATも一緒に遊びます。CATからはエリツィン、ヤトウマル、エトウとblogの右上の写真でおなじみのアカガワの4人でした。あ、途中で野良猫コバヤシも合流のち霧散。

f0048597_22364128.jpgけっこー日差し強かったけど、天気よくて気持ちがいい。

f0048597_2237232.jpgアカガワくんはホント働き者です。ネコ(一輪車)の操縦もお手の物。

f0048597_22372310.jpgひとむかし前の暴走族かと見間違うタオルマスクのヤトウマルとエリツィン。なんか違う遊びを発見したのか、キャッキャキャッキャ楽しそう。

f0048597_22374966.jpgみかピカのみんなや他の団体も定期的に川掃除してるんだけど、毎度毎度よくもまー出るわ出るわのゴミの山。自転車は毎回1台は出るね。それに今回はドラム缶、テレビ、座椅子などなど。マジでゴミを捨てるなと言いたい。この際ゆーとくけど、タバコ吸う人は携帯灰皿を携帯しなさいと言いたい。車から吸殻捨てるやつは自分の捨てた吸殻の火でタイヤが溶けてパンクして横転しとけと言いたい。それはともかく、みなさんお疲れ様でした。

f0048597_22381943.jpgお昼ごはんにかまど神社の近くにある「さら」というカレー屋さんに行きました。そうすると偶然にも、お酒の国のお姫様とその従者がカレーをつついていました。季節の野菜カレー、ナスがとてもおいしかったです。あ、デザートにプリンがついてたのもうれしかったー。非常に美味でございました。

f0048597_22384093.jpgお次は太宰府天満宮へコマまわし大会のお手伝いに。と言いつつも、お手伝いどころかその白熱した雰囲気に怖気づきに近寄ることも出来ず、傍目で観戦。おとなもこどもも熱くなりすぎやろー、びっくりしたわ。

f0048597_2239130.jpgヤトウマルとエリツィンも挑戦。10回に1回の回転率です。めっちゃ真剣やん。

f0048597_22392173.jpgで次は、お酒の国のお姫様と再度合流し、天神アップルストアでのトークを見に行きました。VJのmotordriveさんと我らが渡辺郷さんの掛け合いがいい感じでおもしろかった。いやー、めっきりゴーさんのファンになっちゃったな。基本ダジャレなのがゴーさんらしい。ゴーさんに知り合う前、いつだったか忘れたけどアートリエであのヤカンのやつ見たことあったんですよ、実は。あれ、ゴーさんのやつやったんやとびっくり。ひとりで5分くらいずーっと見ててオチにめっちゃずっこけたのを思い出した。あのオレの姿は非常に恥ずかしかった、と思う。ひとりでニヤニヤしてたし。

というわけで、盛りだくさんの一日でした。

by cat-diary | 2006-10-22 22:34 | 報告

新聞掲載

平成18年10月17日の西日本新聞朝刊にCATの記事がでました。
結構大きな記事でびっくり。
f0048597_23595223.jpg

by cat-diary | 2006-10-17 23:57 | 報告

牟田アトリエ「第8回 子どもの絵あそび展」

f0048597_2352973.jpgえとうです。今日は牟田アトリエの「子どもの絵あそび展」を見に行ってきました。思い出すのがCATを立ち上げたものの何をすればいいのかわからなくてモヤモヤしてた頃。何気に市報を見ておもしそうだなーとキモトメンバーを誘って2年前の「子どもの絵あそび展」を見に行ったのでした。その時の衝撃といったらもうなんだろ、初めてデンプンにヨウ素液をかけたら紫色になったのを見た時ぐらいの衝撃(微妙)。完全に子どもたちの想像力に圧倒されたのでした。それがきっかけで半年後にスタフェスに参加して欲しいと打診することになり、それからずーっと一緒に楽しいことをしてくれる仲間になったわけ。ちょーお世話になりまくり。いやー、あれからもう2年か、なんかすげーな。

f0048597_2354881.jpgで、今回もイカした作品ばかりでワクワクしたー。前回ほどぶっ飛んだ作品はないんだけど、なんというか洗練されたというとちょっと違うけど、だいぶ雰囲気が変わってた。色使いとかダンボールの使い方とかは「FUNE」の影響が色濃く出てたしね、スタフェスとか夏まつりとかの様子も写真がいっぱい貼ってあって、それを見てるとダイナミックな感じとかはそれの影響なのかなとか思ったりして。というかいろいろあったなー、こう見てるとCATは牟田アトリエあってこそだなと再認識。子どもたちにはいつもワクワクさせてもらったり、遊んでもらってたり、お母さんたちにはいろいろ助けてもらったり、勇気をもらったり、牟田さんにはいつも暖かいお言葉をかけてもらって、ホントもう涙がでるわー。ホントすげーんよ、牟田アトリエは。

牟田アトリエのみなさん、またあそぼーね!

※写真上段:FUNEの思い出
※写真下段:ダイナミックな作品!トントン相撲ができるんだけど、「しずかに!」って書いてある。静かにトントン相撲するのは大人ですら至難の業です。もっといっぱいあったんだけど写真とってなかったー。残念。

by cat-diary | 2006-09-29 23:23 | 報告

太宰府天満宮 夏越まつり


f0048597_23532381.jpgとりあえず写真だけ。もう寝る。眠い。誰か書けたらよろしく。書くときはこれ消しとっていいよ。(エトウ)

エトウようやった。
エトウの遺志をついで、一部、ヤトウマル、かきます。
太宰府天満宮の夏祭りに、ヤマグチ・エリツィン・ハヤカワ・エトウ・ヤトウマル・一瞬コバサシ、で行ってきました。8月19日(土)の観世音寺なつまつりのお勉強を兼ねて。

f0048597_23534721.jpg盆踊りがじわじわと…。盆踊りの輪に人をひきこむのって、むずかしい。基本的に踊れんし。私も盆踊りよりイカ焼き、盆踊りより焼きそば、でした。ごめん。
左の人が、若。道真公の末裔です。40代目です。身長182センチです。これからの太宰府の中心となるお方です。

f0048597_23434429.jpgお酒の国のお姫様、今日もお会いできました。
こないだの泥酔時は、日比野さんに、メガネに目を書かれていました。
姫は、実はすごい人です。4月の私たちのシンポジウムでは、進行をやっていただきました。わたし、ほんとに尊敬してます。
姫ごめんなさい。怒らないでください。

f0048597_23542897.jpg千燈明。

えとうです。ヤトウマル、ようやった。
去年もまつりに行って、馬場さんとか森さんとか天満宮組に会いに行ったけど、今年はもっと知り合いが増えてて楽しかったね。綿菓子売ってる人、カキ氷売ってる人、盆踊り踊ってる人、ごみ拾いしてる人、みんな知り合い。アジア代表日本が残したものはやっぱでかい。
で、このお祭りのあとはCAT会議。内容は夏まつりについて。まつりに行ってそのあとにまつりの会議ってなんだ。意味わからん。参加者はヤマグチ、ヤトウマル、ハヤカワ、エトウ。

by cat-diary | 2006-07-25 23:51 | 報告