カテゴリ:報告( 55 )

スタードームがつなぎ続ける

えとうです。やべー、もう忘れそう。1年前の記録やけど、がんばって綴り続ける。

職場に電話があって「CATのえとうさんですよね?」と連絡を受ける。太宰府市のお隣、筑紫野市文化会館の方からの依頼で、今年も(というかもはや去年やけど)スタードームをつくる機会をいただきました。しかも!すでに手持ちのドームは劣化して処分しているので、2005年以来はじめて最初からつくることに…。結構きついっすよ、という言葉に「がんばります!」と元気なご回答。これは我々も気張るしかない!エトウメンバーとヤマグチメンバーががんばりました!
f0048597_18532876.jpg

手に残る竹を割る感触や音や匂い、いろいろと思い出します。え?こんなに大変だったっけ?と思いながらも、結構きれいに仕上がりました。最初は2基つくろうと言ってたけど、やっぱ1基にしようと賢明な判断(笑)
f0048597_18533649.jpg

このイベントは七夕にちなんだ、筑紫野市文化会館開館30周年特別記念スローライフ~まつり筑紫野星あそび~というもので、七夕→星…と思った職員さんがスタードームを思い出してのオファーでした。2005年のスタフェスに牟田アトリエの一員として参加してた方で、10年近く立った今でもスタードームがいろんな人とつなげてくれます。うれしいことやなー。スタードームというツールを開放してくれている野研に、そして今までスタードームで一緒に遊んでくれたみなさんに改めて感謝!あざーす!
f0048597_18534251.jpg

by cat-diary | 2014-06-22 18:53 | 報告

津屋崎で自主研究グループ交流会

えとうです。毎年福岡県内の行政職員で構成される自主研究グループの交流会があっていて、かつて太宰府でも轟貴之今年で41才がメインパーソナリティとなり開催したこともあるのですが、今年は津屋崎で行われました。で、通常ホストは行政職員が担うんですけど、今回は津屋崎ブランチ木村航さんがホストということで非常に興味があって太宰府以来の参加。

西鉄電車、地下鉄、JRに乗り換え、福間駅に到着。それからバスで移動…というところで、轟貴之今年で41才まさかのバス間違い。早々に遅刻してしまいました。すでに自己紹介は半分以上を終え、太宰府組の2人は空気を無視した自己紹介で、かつて太宰府で凍り付かせたことを思い出しました。
f0048597_4164862.jpg

で、交流会の前にちょっと津屋崎のまちを歩いてみようということで自由散策。横尾忠則的なY字路発見。Y字路ってなんなんやろうね。太宰府で言えば、水城跡の旧3号線と旧道のY字を思い出すけど、新しい道と古い道の交差するとこなんやろうか、ただ地形的なもの?それとも文化的ななにかがあるとかいな?片方は通り抜けできないところに秘密がありそう。
f0048597_4165256.jpg

塩倉庫。津屋崎はかつて海上交易と塩田で栄えたまちやったけど、専売制になって衰退していったんだって。この塩倉庫は旧熊本塩務局の出張所があったとこで、この建物に塩が納められてたと思いきや、文書館の跡らしい。なら本倉庫やん。
f0048597_4165567.jpg

cafe&gallery古小路。元タバコ屋で毎日違うお店が入って営業してるんだって。ほー、これならみんなで協力して無理なくできそうな仕組み。今日は野菜ソムリエオリジナルパンの店で、ミニトマトが丸ごと入っているトマトパンがおいしかった。轟貴之今年で41才がお店のお姉さんとお話しして急に婚活を始めるので再集合時間を過ぎまた遅刻。
f0048597_4165888.jpg

そして津屋崎ブランチが運営するゲストハウスで交流会。この古民家を再生させたゲストハウスの仕組みがとてもおもしろくて、いいなぁと思った。いろんな意味で覚悟を持たんとこんなことできん。交流会よりも木村さんの話をもっと聞いていたい気分になった。
f0048597_417964.jpg

交流会は「この1年どうやった?」という話からいろんな話へ。人数をだんだん増やしていきながら、話をどんどん広げて行く。それぞれの人の話がおもしろくて、行政職員も捨てたもんやないなと思った。でも組織の中になるとみんな息苦しそうで、CATも組織の外でしか本領を発揮できない。なんだかなー。この後、海辺の居酒屋に場所を移して懇親会。宮崎から来ているみなさんの話が超おもしろくて、神楽に俄然興味を持ちました。神楽って地域によっていろいろあるんだって。あれなんだっけ?おっぺけぺーみたいな、おしりぺんぺん?ん?忘れたー、くやしい。とにかく、来年は福岡を飛び出し、宮崎で開催されることになりました。高千穂峡に行ってみたいなー。楽しみにしています!
f0048597_4171471.jpg

by cat-diary | 2012-11-23 17:16 | 報告

おしり

えとうです。ずいぶんブログほたらかしでしたが振り返り。11月、むやみやたらに「おしり」を連呼してました。百花堂プレゼンツ「おしり・OSHIRI・オシリ」。今回はCATとしてではなく、個人的に「おしりカフェ」店員としてお手伝いしてきたよ。「は?なんのイベント?」ってなると思うやろうけど、これがチョーおもしろいイベントでね、バカらしいったらありゃしない。とにかく「おしり」のことしか話をしないんだから。
f0048597_4152056.jpg

「おしりカフェ」では、おしりクッキーもあってパンティーはかせたり、ほんと考えることが中学生。百花堂の人たちはなんかやっぱりおかしいと思う。
f0048597_563796.jpg

岡山・倉敷の「テイメン株式会社」さんがつくった新商品「わたのおしりふき」を紹介するのがひとつなんやけど、マイおしりバッヂ作ったり、箱を作ったり、綿を詰めたり。見てよこのかわいいおしり、これは我が子のキュートな生尻です。羞恥心を持つくだらない大人は肘を曲げてできる「おしりもどき」の写真を撮ると、さもおしりかのようなバッヂができあがります。「あんた、いいケツしてまんなー」とか言いながら、ホントくだらないいいイベントでした。秋の清々しい陽光に包まれて、笑った笑った。
f0048597_4152231.jpg

by cat-diary | 2012-11-18 04:14 | 報告

今年もでっかい絵を描いた!

今年で7回目になる「地面に大きな絵を描こう」は、「NPO法人太宰府アートのたね」が認定されて初めての企画になりました。おめでとー。今年は夏につくったアフリカンなスタードームをたてたよ。写真は小さな画伯がドームを見ながら写生した絵。すばらしい!
f0048597_2329231.jpg

ドームの中も絵でいっぱい。今年も多くの子どもたちがのびのびと絵を描いてたけど、どんな絵があるのかあんまり見れんやったなぁ、そういえば。
f0048597_23255162.jpg

絵を描いている合間にだーるーまーさーんーがーこーろーんーだーがはじまりました。ホントは全員でやりたかったけど、言い出しっぺが恥ずかしがって一部だけ。この言い出しっぺとドームを写生してくれた画伯は同一人物です。今日のMVP!

by cat-diary | 2012-10-14 23:25 | 報告

アフリカン・スタードーム!

えとうです。ずいぶんとさぼってその間いろいろあったけど、とりあえず楽しかった牟田アトリエのアートキャンプの報告。久しぶりにスタードームをつくりました。毎年1回はドームをつくるというノルマは更新中。機会を与えてくれた牟田さん、ありがとうございました!というのも、CATの荷物を整理することを余儀なくされて断捨離をしてたところ、「またいつかやるけん」と言って大事にとっておいた2005年のスタフェスでつくった天幕が大量に見つかったのがきっかけでした。このままとっておいても使わんけん、これで遊ぼう!いうことで、ドームにお絵かきすることに。
f0048597_6173026.jpg

今回のアートキャンプでは、「小さな音楽会」のコーディネートでアフリカン・パーカッション・グループ「フォリカン」のライブもありで、その夜の本番ライブだけでなく、演奏を聴きながらアフリカンな気分で天幕にペイントするという贅沢なワークショップも行いました。やっぱり7年前のものと違って、やっぱりアフリカンな感じに仕上がりました。やっぱちがうなぁ、と感心。子どもが周りの環境から情報を入力して、出力する感性はすばらしい。前日にあらかじめドームをたててたんやけど、虫食いにやられてて過重に耐えきれず崩壊。当日演奏を聴きながらドームもつくることになりました。フォリカンの体の芯に響くビートに支えられながらなんとか完成!記念にみんなで記念写真!
f0048597_6173588.jpg

フォリカンとつくる楽器作りワークショップをしたり、BBQに舌鼓を打っている間に夜も更けてきて、フォリカンのライブ!とても開放的な空間になって、それこそ祝祭の宴の様相。
f0048597_6173797.jpg

どっぷり日が暮れたころには山かげ亭は、とある部族の儀式のようになっていました。心が弾めば、体も弾む。大人たちがアホみたいに楽しめば、子どもたちもはずかしがらずに大暴れ。最高のライブでした。

ライブが終わり、ドームの中に光を入れるとこんなにきれいに。大人たちはこのきれいなスタードームを見ながら、しばらくお酒を酌み交わしました。いやー、楽しかった。まだまだドームの天幕はあります。CATと遊びたい人、募集中でーす。
f0048597_617408.jpg

by cat-diary | 2012-08-01 18:15 | 報告

太宰府に種がまかれた、のは実はずいぶん前のこと

えとうです。祝!「NPO法人太宰府アートのたね」設立!牟田さん、おめでとうございます。太宰府についにできたアートNPO、本日はその設立総会です。いやー、これからが楽しみ。

このNPOは牟田アトリエが母体となっていて、いろんなアートプログラムを展開していくんですけど、これまでのつながりがひとつの形になったということが何よりもすばらしい。2004年、スタフェス前に牟田アトリエと出会ってからCATはずっと支えてもらってきましたが、決定的に地域のキープレイヤーとなったのが、2006年「アジア代表日本」以降。牟田アトリエママーズのホスピタリティは、遠くからやってくるアーティストをはじめ、恐る恐る参加する初めての参加者などを暖かく包み込んでくれる。そうして「また太宰府に行きたい」という気持ちが生まれ、来たらまた大歓迎!その連鎖で、全国にできたつながりがどんどん広がっていきました。まるで種がいろんな場所に広がっていくかのように。

20年以上前に牟田アトリエができてからまかれていた種は、いろんなところで花が咲き続けています。その花の種はこれからもいろんなところに運ばれていくんでしょうね。
f0048597_0191953.jpg

by cat-diary | 2012-06-24 15:18 | 報告

人の往来の分だけ記憶がつまる

えとうです。糸島芸農、行ってきましたの記録。これ、AAFの参加企画です。糸島では筑前深江アーツキャンプ以来。藤さんや、先崎さん、泉山さん、宮田くんなどなど太宰府にゆかりのある人たちもいっぱい参加してるので見に行かなきゃと会期ギリギリで滑り込み。糸島のいろんな場所にいろんな作品やパフォーマンスが展開してるんやけど、見渡す限りの麦畑。これは歩くときつい、きっと。でもその体験も魅力のひとつよね。
f0048597_5462840.jpg

深江神社に展示してる先崎さんの作品。金属でドローイングしてて、海水をかけてるんだって。だから会期中だんだん錆びて変化していく。昔、唐津街道沿いに植えられていた松がモチーフなんやけど、前に別府小茶会でつくった先崎さんのオブジェや泉山さんの映像も太宰府の樟からイメージしたよね。木って人の記憶が移りやすいんやろうか。
f0048597_5455910.jpg

久保田弘成さんのパフォーマンス。演歌にのせて車をぐるぐ 回すだけなんやけど、すごすぎる!選曲も抜群やし、普通の車の機能を無視したところが笑える。久保田さん出身の長野県の神事に由来しているらしくて、なんか神事ってこういうことかもと妙に納得。自然への畏敬というか、普段せんようなことをするというか。
f0048597_5462175.jpg

今回、食もよかったなー。糸島サイダーも。この竹ごはんおいしかった。
f0048597_546337.jpg

この糸島芸農、まちとの相性がすごくよかったな。これから夏、秋と続いて季節が変わる楽しみもあるよね。稲刈りの季節が待ち遠しい。他にもタイトルっぽいこと書くつもりやったけど、時間なくなったからおわりー。
f0048597_5461215.jpg

by cat-diary | 2012-05-27 05:45 | 報告

森で子どもとアーティストが遊んだらやっぱおもしろかったの件

えとうです。今日は「森と子どもとアーティスト」に行ってきました。このイベントは九大と太宰府市と太宰府を拠点に活動するNPOや任意団体が連携して行う事業です。本日の先生は、まほろば自然学校の岩熊志穂さんと、現代アーティストの岩田とも子さんの岩岩コンビ。政庁跡から市民の森まで歩きます。
f0048597_4394535.jpg

みんなで歩きながら気になった葉っぱや木や実や虫などを拾って「SPRING RING」と書かれた袋に入れていきます。そして、森の中に隠されたチェックポイントを巡ってクリアしていく。チェックポイントを巡ると、冬の森の生き物たちはなにをしているんだろう、というのがわかります。レッドデータに載っているニホンアカガエルの卵があったり、もぬけの殻のでっかいスズメバチの巣があったり。この自然探索のコーディネートは岩熊さん。このフィールドワークはとても楽しかった。森のおもしろいところを探すことができるし、自然が豊かなこと、生き物のこと、予期もせぬ出来事が起きたりして、いろんな気づきがありました。
f0048597_440663.jpg

がっつり歩いて「お腹すいたー!」と帰ってきた子どもたち、2時間くらい歩いたかな。みんなで持ってきたおにぎりと、豚汁部隊がつくった豚汁をおいしくいただきました。そして、腹ごしらえしたところで輪になります。まーるくなってわーになーれいーちーにーのーさーん。
f0048597_4403198.jpg

ここからが岩とものワークショップ。まずはそれぞれ拾ってきたものを披露します。天狗の葉っぱ、赤い木の実、松ぼっくり、ガチャポンのごみ、池の藻、ススキ、数珠、などなど。子どもならではの変なものがいっぱいありました。
f0048597_4405287.jpg

そして、杉の葉でつくった輪があって「春を呼ぶ装置をつくろうとしてるんだけど、まだまだパワーが足りないのでみんなで力を強くしよう!」的なことを岩ともが言って(ごめん、実は子どもに気をとられてあんま話聞いてなかった)、みんなで輪を強力にしていきます。要するに拾ってきた材料で地上絵をつくるというワークショップ。
f0048597_4411128.jpg

そして完成!めっちゃ強力になってる!ここでも話をあんまり聞いてなかったんやけど(笑)、鳥とかなんとかいろいろあった。そして↓これ、龍です。なんか火を吐いてるよね、これ。いやー、ホントに楽しいワークショップでした。このプログラム、おそらく無敵。相当なバリエーションでつくれるし、やっぱ自然体験活動ってとてもよい。なんかグリーンツーリズム的なプログラムまで昇華できんかなとぐるぐる考える。あー、ホント楽しかった!あ、そうそう、最後に焚き火で焼き芋のおやつ。とてもおもしかったです。
f0048597_4413042.jpg

エ・コラボのブログでも紹介されてますよ。

by cat-diary | 2012-01-29 21:32 | 報告

スタードームがこんなことに!

えとうです。これの報告も忘れてた。
A澤ねーさんから電話があり、「スタードームつくりたいんだけどどうするんだっけ?」「えーと、SAとSBをですね…」「わからん」「んー・・・じゃ、そっちに行きます!」ということで、博多小までヤマグチメンバーと共に遠征。博多ライトアップウォーク2011の会場のひとつとなる博多小でスタードームを使って、福岡出身のインタラクティブアーティスト・松尾高弘さんが展示するらしい。
f0048597_23483336.jpg

この博多小がとてもおもしろい校舎で、公民館と幼稚園と併設されてたり、公民館の下をくぐるような門があったり、デザインもおもしろい。中休みになると階段からばーっと子どもたちが降りてきてスタードームを見るなり「なんこれー?」と興味深々かと思いきや、すぐに飽きてドッヂボールを始めた(笑)
f0048597_23484250.jpg

ライトアップの様子は見れんやったんやけど、各方面から「ドームがあるよ」「かっこいいよ」と連絡が入る。いや、オレらやないし…と思いつつもうれしかったり。ライトアップ中の動画を発見しました。こんなになっとったんやね。それにしても年1回ドームを建てるノルマを達成。機会を与えてくれたCEワークスに感謝!ありがとうございました!




by cat-diary | 2011-11-30 12:35 | 報告

第6回地面に大きな絵を描こう!

えとうです。すっかり忘れてたー!恒例の牟田アトリエによるチョークでお絵描きがありました。もう6回にもなっちゃうのか。今年は東日本にエールを送るバージョン。子どもも大人も夢中でお絵描き。今年はなんか暑い!汗ばむわー。
f0048597_23202054.jpg

今年は角度を変えて撮影。こっちの方が障害物がなくてよく写る。「太宰府からエールをおくります」と書いています。想いよ、届け!この様子の写真と参加費は福島県の幼稚園に届けられました。
f0048597_23203755.jpg

これも恒例、牟田アトリエ消防団CAT部による放水。今年は規律と迅速さに重点をおいて消防魂をかけました。ぶっつけ本番にしてはなかなかのパフォーマンスで、周りの人たちは練習してコントを仕上げてきたと思って人もいたみたいやけど、これ正式なやつね。本気です。
f0048597_23233434.jpg

※高橋くん、写真勝手に借りちゃいました。ごめん。ありがとー。

by cat-diary | 2011-11-29 23:32 | 報告