カテゴリ:くすかき( 47 )

つみかさね

えとうです。ようやくGWのふりかえり。もうあんまおぼえてないけど。
さて、「くすかき」を続ける五十嵐氏ですが、樟脳づくりに入りました。くすかきツイッターで「何度も失敗している・・・」という情報は聞いてたけど、今日はどんなかな?
f0048597_514599.jpg

失敗を重ね、工夫をこらし、今日こそはできるはず!いよいよオープーン!ばっちりできてた!やった!たまたま今日立ち会えてよかったー。過去の教訓を生かすこと、これ大事ね。勉強になりました。
f0048597_5144395.jpg

by cat-diary | 2011-05-03 21:12 | くすかき

葉が落ちると、あの男がやってくる

えとうです。今年も楠の葉が落ちて、生まれ変わる季節。そしてあの男がやってきます。五十嵐靖晃のアートプロジェクト「くすかき」。

今年はもっと地元の人と一緒にやりたいと言ってたので、事前準備から関わりたかったけど、お互いにいろいろあって連絡とらずに、ようやく会えたのがすでに「くすかき」が始まって何日か経った今日。元気そうで何よりでした。昨年よりもシンプルに、今年は掃いた葉を一箇所に集めるという方法やったんやけど、なんかこの方が伝わりやすい気がするね。去年作ったマイ箒でかきかきしてきました。
f0048597_0595234.jpg

by cat-diary | 2011-04-23 19:59 | くすかき

「くすかき」の打ち上げパーティー

えとうです。4/4から始まって5/5まで行われた「くすかき」のプロジェクト。今日は「くすかき」の首謀者・五十嵐さんが、くすかきに関わってくれた人たちを招待して、みんなでいろいろお話しようというパーティーが行われました。
↓来てくれた人たちに配られた芳樟袋。心がこもった手縫いです。
f0048597_22572927.jpg

準備から含めるとかなり長いプロジェクトで心も体もかなり疲れたと思うけど、こうして関わってくれた人たちがみんな笑顔でおもしろかったと話をする、これで全て報われる。自己満足ではない。
↓これもみんなに配られた樟脳入りの紙風船。
f0048597_22574039.jpg
個人的には、要所のイベントには顔出したけど、「くすかき」全体にあまり関われなくてとても残念。太宰府にとってかなり有益なサンプルとなったと思われるプロジェクトなのに…。「くすかき」に関しては五十嵐さんの日記を見れば彼の想いや考えを共有することはできるけど、こんなのは現場におってなんぼやもんなー。一緒に体験して、いろんな話を聞きたかった。この日にあったと思われるこれまでの軌跡もみることができんやったし、つくづく残念続きです。「アジア代表日本2010」もあってたし、天満宮以外の太宰府のメンバーが中心的にフォローできず、経験値として太宰府に残せなかったのも残念でならん。
↓右から、香焚きのために作られた月星の地下足袋。くすかきのイメージスケッチ、今回の収穫、樟脳。
f0048597_22575161.jpg

最終的には五十嵐さんのネットワークで、東京や横浜や日本全国いろんなところから人が集まり、山かげ亭が初めての人もいっぱいでなんだか不思議な感じやったけど、やっぱ山かげ亭なんであっという間に自然になりました。「くすかき」はいったいなんだったのか、そういった話を今度したい。また太宰府にゆっくり来てね、五十嵐さん。ありがとう!
f0048597_225822.jpg

by cat-diary | 2010-05-07 22:53 | くすかき

くすのこうたき

えとうです。「くすかき」は、くすかきで集積させた千年樟の落ち葉を水蒸気蒸留し、千年の記憶をもった樟の香りを取り出す作業へと移っています。通常は幹の部分から樟脳を取り出すんやけど、今回は落ち葉から取り出すという意味でも実験的な試みです。天気もよくて汗が流れる気温のGW、薪を燃やす暑さといったら尋常じゃない。
f0048597_23582526.jpg

日本に1軒しかない天然樟脳の生産者である「内野樟脳」さんと、毎度おなじみエ・コラボが実は繋がってたという奇跡が起こって、いろいろアドバイスをいただいたりなんだかんだでここも人の繋がりでいい方向にいきました。それと↓の土の煙突装置。これはスリランカ人のヘーラッツだっけ?が突然カレーとこれをつくっていったんだって。
f0048597_23581536.jpg


by cat-diary | 2010-05-03 23:55 | くすかき

くすかき記念撮影会

えとうです。太宰府天満宮では、楠の葉もすっかり生まれ変わり、落葉の季節も終わろうとしています。本日はくすかきの記念撮影会。朝拝にも参加して清々しい朝でした。25日だからなのか神職さんも参拝者もいつになく多い。25日というのは菅原道真の誕生日でもあり死亡日でもあって、毎月お祭があるのです。祭っていっても夏まつり的なやつじゃないよ。
f0048597_1401553.jpg

マイほうきを持参で朝拝に集まる楠の掻き手たち。
f0048597_140252.jpg

ほんと晴天で、緑もまぶしく気持ちいい。毎日楠の落ち葉掻きをするのはかなり過酷やったみたいやけど、毎日こんな日やったらよかったのにねー、五十嵐さん。さぞかし寒かったろう、この春は。
f0048597_1403532.jpg

そこにはないはずの楠の影のようにも見える。これを背景にいかにも!という集合写真を撮りました。データはないけど、修学旅行的なプリントした写真が手元にはあって思わず頬が緩みます。
f0048597_1404651.jpg

宮司さんも一緒に記念撮影してしばし談笑。こうやって若いアーティストや、いろんな活動している人をバックアップしてくれる太宰府天満宮のみなさん、本当にありがたい!
f0048597_1405569.jpg

by cat-diary | 2010-04-25 23:37 | くすかき

楠を掃くけど松葉箒

えとうです。今日は「くすかき」の関連イベントで松葉箒づくりのワークショップがありんす。こんな機会絶対ない!コレは行かねばと土日の度に長距離移動、すまん息子たちよ。
f0048597_21571450.jpg

松葉箒づくり職人原口さんに教えてもらいます。この道60年の筋金入りの匠です。実は太宰府天満宮の松葉箒はこの原口さんの手によってすべてオーダーメイドで作られているとのこと。天満宮の地面に適したしなりやグリップまで細部までごだわってるんだって。
f0048597_21572352.jpg

日頃人に教えるなんてすることのない原口さん。ゆっくり作業を見せているつもりでも、我々からしてみれば一瞬の出来事。わからんわからん!はやいはやい!と大騒ぎ。全ての工程をするのはさすがに技術的には無理ということで、組み立てのみ。それがもー難しい。
f0048597_2157314.jpg

スタードームに茶杓、黒文字など数々の竹製品を作り上げてきたヤマグチメンバーも真剣。ちなみに指の怪我は竹によるものではありません。
f0048597_21573934.jpg

できたできた!わーいわーいと早速掻いてみる30歳。
f0048597_21575546.jpg

落ち葉もだいぶ増えたなぁ。今のところ楠の葉は半分落ちたところ。4月中には全てが新芽になります。
f0048597_2158917.jpg

自分が作った箒のあまりのかっこよさに楠に抱かせてみる。
f0048597_21582281.jpg

カメラをお持ちの方、前の方へどうぞー。
f0048597_21583198.jpg

松葉箒を作った30名の志士たち。はやりこういったありえない光景を見るとワクワクするね。自作松葉箒密度世界第1位。
f0048597_21584148.jpg

最後はみんなで牟田アトリエママーズがつくってくれたご飯を食べました。天気いいし、あったかくなったし、緑が芽吹いていい季節。太宰府、盛り上がってます!
f0048597_21585233.jpg

by cat-diary | 2010-04-11 21:51 | くすかき

くすかき

f0048597_23365883.jpgえとうです。新緑が待ち遠しいこの季節、太宰府天満宮では楠の木の新芽が次々と芽吹いています。そんな太宰府天満宮で新たなプロジェクトが始動しました!その名も「くすかき」2006年に「アジア代表日本」で日比野さんのアシスタントとして太宰府にやってきた五十嵐靖晃さんの4年間温め続けてきたプロジェクトです。




「くすかき」をおおまかに説明すると、楠の落ち葉を掻きながら、今はない千年楠を描き出すという試み。コンセプトなどはこちら→「くすかき-五十嵐靖晃-」。日記もおもしろいよ。
f0048597_23361742.jpg

このプロジェクトはほんと前から言っていて、「ホントにやるの?」っていつも冗談みたいに言ってたけど本気でした(笑)。3月から太宰府に来て、くすかきをひそやかに始めていた五十嵐さん。今日はみんなで一緒にくすかきをする最初の日です。
f0048597_2337786.jpg

3月16日から4月3日までの朝を再現、そして葉を掻いて15年前まであった千年楠をイメージしながら、木を描き出す。時間を遡り、そして今に近づいていくこの作業はなんか不思議な感じ。
f0048597_23371684.jpg

この不思議な雰囲気につられてギャラリーが集まってくる。そして看板を読んで納得したり、話しかけてきたり。ここにあった楠を知っている人や知らない人といろんな話をする。なんかこのプロジェクトすごい。太宰府天満宮ではこのくすかきは千年以上続いた日常の光景、それが今は非日常の光景へと変わっとるもんね。見える?ここにある楠。
f0048597_23372442.jpg

オレは熊手って呼んでたけど、松葉ぼうきって言うんだって。一緒のこと?「くすかき」は4月4日~4月27日天神広場で朝から毎日行われています。「くすのこうたき」は4月29日~5月5日鬼すべ堂で。誰でも参加できますので、ぜひふらりと寄ってみてください。
f0048597_23373351.jpg

このホウキの掃く音がなんとも心地よい。この音を出すための楽器にすら思える。

by cat-diary | 2010-04-04 23:30 | くすかき