カテゴリ:太宰府検定( 3 )

「第1回太宰府検定」終了、今後はどうなるかね。

えとうです。5月19日に第1回太宰府検定が行われました。目標受験者数500人やったけど、受験者数は700人近く。2007年に福岡県が「太宰府発見コンクール」というのをはじめて、そこで「検定問題」を募集するというところから始まり、それが(財)古都大宰府保存協会に移って本格的に検定を目指し始めたのが去年。藤浩志さんに話を聞いたりみきちゃんにロゴやチラシのデザインをしてもらったり、なんとかありきたりな検定にならないように、いろんな仕掛けができるようにがんばったけど、言うだけ言って実現できたことはわずか。やっぱ言うだけやなくて、自分で動かんとダメだな。
f0048597_6542341.jpg

いろいろと初めてのことだらけで大変だっただろうと思われる事務局のみなさん、お疲れさまでした。なによりこの検定でよかったなーと思うのがひとりの若き学芸員さんが自分で考え、楽しみ、動き出したような気がしたこと。このイスに色分けして貼られたみきちゃんデザインの亀と鳥のイラストは、検定の当日採点待ちに行われるイベントの抽選会のためのもの。効率的にしようと思えば適当にできるけど、これは楽しみながらかわいくしようと思わなければできない芸当やもんね。こういうの大事。さて、今年は初級、中級だけやったけど、次は上級も行われる予定。どうなるかね。
f0048597_6542666.jpg

by cat-diary | 2012-05-19 18:52 | 太宰府検定

太宰府発見コンクール表彰式

f0048597_124278.jpgえとうです。
太宰府発見コンクールの表彰式が九博で行なわれたので行って来ました。全国から660点の応募があって、4部門で41作品が選ばれました。受賞者には「梅レシピ」部門の大賞「梅ブランデーヌ」が配られたんですよ。しかもその梅ブランデーヌは受賞者全員に配るために量産しないといけないから、地元の農産加工施設「うめこっこ」さんの協力で作られました。こうやってコンクールで選ばれた作品が毎年太宰府で食べられるようになったらおもしろいと思うけど、誰かやりたい人いませんかー?で、表彰式の後には写真撮るの忘れてたけどスチール・パンとパーカッションとピアノのコンサートがありました。大阪の人ですごくおもしろかった。お客さんを巻き込むしかけもあったし。

というわけで、入賞作品の展示は九州国立博物館で8/31(木)まで展示されています。ぜひ見に行って見てください。牟田アトリエの子どもたちも「わたしの絵馬」部門で多数入賞していますよ!

by cat-diary | 2007-08-21 22:23 | 太宰府検定

「太宰府発見コンクール」のその後

えとうです。
太宰府発見コンクールって憶えてますか?以前お知らせだけしといて、その後の報告をまったくしていないことに気がつきました。

3月いっぱいで応募締切、6月くらいに選考委員会があってCATは太宰府検定問題(検定自体はまだない)の選考委員なのでそれに出席して選んできました。7月くらいに全体の選考委員会があって各部門の選考状況を報告、そして各賞が決定しました。
応募数は、エッセイ289点(受賞5点)、検定問題89点(受賞11点)、梅レシピ85点(受賞6点)、絵馬197点(受賞19点)でした。
遠くは北海道とか東京とかからも応募があったそうです。

で、来る8/21(火)14:00から九州国立博物館で表彰式があります(一般入場はできないかも)。エントランスホール(無料です)で絵馬やエッセイなど受賞作品の展示もありますのでぜひどうぞ。

by cat-diary | 2007-08-08 22:20 | 太宰府検定