「歩かんね太宰府」とCATの苦悩

ども、えとうです。
そろそろ梅雨があけそうですねー。

さて、市民の自らの手で作り、自らの手で動かす太宰府の新しいまちあるき「歩かんね太宰府」が進行中であります。現在約30名が毎回会議に集まってあーだこーだとまちあるきコースを考えているところです。詳しくは→コチラから。第5回の企画会議のレポートです。今回の参加者はトドロキ、ヒラシマ、ツツミ、エトウ。

で、CATはここで何をしてんのかというと、資料作成からワークショップ形式でやる企画会議のコーディネートなどいろいろとお手伝いをさせていただいてます。ホントは企画自体にも入っていこうと思ってたけどそんな余裕なし。支える手だけでいっぱいです。でも、これがホントに勉強になるんですよねー、勉強というかいい経験になってるというか。自分たちが主導するイベントやらなんやらを今までいろいろとやってきたけど、やりたい人が別にいてそれをサポートするというのはまた別問題。すごーく力加減が難しいんですよ。

地域の人たちが自らの手で何かをしたいという気持ちを引き出しつつ、それを楽しみながら具現化していき、自分たちだけで運営できるようなシステムを構築したり、そのプロセスを一緒に体験しながら、今後へ繋がっていくような流れをつくることを心がけています。

CATのモチベーションって「自分たちがなにかおもしろいことしたい」ということだけなんやけど、今回はそれとはちょっと違ってきてる。最初は自分たちも一緒になって遊ぼうって思ってたけど、だんだん楽しく遊んでもらうための基盤づくりをしないといけなくなっちゃって、「それって楽しいの?」という自問を繰り返しながらの今っていうのが現状。基本的にオレらめんどくさがりだからねー。

今のところ自分たちのモチベーションの維持に苦しみながらも、「太宰府で何かやろうとしている人たちを応援したい!」というところになんとかモチベーションを落ち着かせています。

らしくないけど、がんばれCAT!

by cat-diary | 2007-07-17 21:31 | 報告