談話会「神社とアートとまちづくり」



f0048597_215269.jpgえとうです。

今日はなぜか北九州。太宰府天満宮の西高辻信宏禰宜からのお誘いで「北九州市美の花田さんや北九州市役所の人たちが、太宰府でのアートプロジェクトとかまちづくりについてお話が聞きたいって言ってるんだけど行かない?」ということで、なんかよーわからんけど行ってみたものの、写真のとおり思ってたイメージとだいぶ違う!お客さんが入っててオレらふたりがお話しするって感じでちょっとびびった。場所は北市美の花田さんのご自宅なんだけど、これがまたすごいお宅で木造りの、なんていうんだろ、かっこいいんですなこれが。この場所は普段は寝室として使ってるらしいんだけど、30人くらいはいたかな。

f0048597_21522161.jpgというわけで探り探り話し始めました。オレはCATの成り立ちから「スタフェス」「だざいふ基本計画2006」と太宰府市のまちづくりについて。久々にスタフェスの話をしたけど、やっぱ「竹まつり」「天幕まつり」の話をするとみんなびっくりするんよね。それよりオレの話した内容がテキトーやしテーマに即してたかどうかがわからんし、よかったんやろか。何を聞きたかったんだろね、まいっか。

f0048597_21523714.jpg信宏禰宜は太宰府天満宮とまちとの関係や「アジア代表日本」やこれからの太宰府天満宮についてなど流暢にお話してました。へぇーという言葉がいちいち漏れる。でも神職さんからこういうふうにお話を聞く機会ってそうそうないからおもしろいよね。お客さんはこのお話を聞くだけで価値があったってもんですよ。

f0048597_21524937.jpgで、最後に花田さんからなんでこのような場をもったのかという話を交えながら、現在進行中の北九州のとある神社を使ったまちづくりの構想の紹介がありました。これまた太宰府とはだいぶ雰囲気や成り立ちが違うけどなんだかおもしろいことになりそう。この談話会の内容は下記のとおり。

「清田の家」ではアートをめぐる話題を中心に談話会を不定期に開催します。記念すべき第一回は、私(花田)が関わっている「ひまわり塾」(まちづくり研修)とも関連して、「まちづくり」における「神社」の役割や「アート」の役割について話しあえる場にしたいと思います。今回は、西高辻信宏氏(太宰府天満宮禰宜)と江藤応樹氏(CAT)を講師にお招きして、両氏が「アート」と「まちづくり」をめぐって太宰府天満宮の内外で展開されている活動についてお話しいただきます。

----------------------------------------
■談話会「神社とアートとまちづくり」
日 時 2006年12月20日(水)19:00~
話し手 西高辻信宏(太宰府天満宮 禰宜)
     江藤 応樹(CAT)
聞き手 花田伸一(北九州市立美術館 学芸員)
会 場 清田の家(北九州市 花田宅)
----------------------------------------

by cat-diary | 2006-12-20 21:50 | 報告