日本VSオーストラリア


f0048597_0175750.jpgえとうです。

ついにこの日が来た!まずは1勝せないかん。オレもこの日のために、というかこれから始まる1ヶ月のために睡眠時間をずらし、コンディションをつくってきました。さぁ、がんばれ日本!アジア代表日本の関係者が五十嵐邸に集まって応援します。

f0048597_0181456.jpg全員で気持ちをドイツに送ります。ドイツにいる日比野さんがうらやましい!なんか写真が変になってオーラが出てる。

f0048597_018285.jpg一方、五十嵐邸の中庭では灯篭の光が。3月のときは出鱈目に草ボーボーだったこの庭もとてもきれになって、池も復活。小さな滝からちょろちょろと水が流れます。ろうそくの光に浮かび上がった庭がとてもきれい。

f0048597_0184113.jpg庭を歩いていくとそこには茶室が。これも考えられなくらいにボロボロだったけど、五十嵐さんと大宰府天満宮の庭師さんが共同で庭とともに復活させました。FUNEワークショップの合間の少ない少ない時間を使って出来上がった、五十嵐さんの茶室プロジェクト。障子は水平線と空の境界を思わせる水色。中にあるモニターで日本VSオーストラリアを鑑賞します。で茶室なんでお客さんにはおもてなしを。ドイツソーセージとオーストラリアのお菓子を茶菓子に、ワインで乾杯。ワインってどこのだっけ?オーストラリア?忘れた。全員試合が気になりながらも五十嵐さんのお話に耳を傾けます。五十嵐さんが、日比野さんの展覧会「HIBINO EXPO 2005 日比野克彦の一人万博」の一環でヨットに乗ってたときの想いとFUNEを作っている時の想いが交差したお話。(「50storm Report」

f0048597_0185248.jpg結局1-3の惨敗。熊本から来た五十嵐さんの友達のしょーへーくんがこの落ち込み様。そーとーなサッカー好きで、いちいち一喜一憂がうるさい。久々にここまでのサッカーバカを見てうれしくなった。しかし、しょーへーくんのテンションバロメーターはおもしろかった。かなりの落差で折れ線グラフが描けるね。最後の8分間、立て続けに得点された時には何もしゃべらなくなって、ふと気づいたら泣いてた。まだ終わっちゃないさ、しょーへーくん。顔上げていこーぜ。

by cat-diary | 2006-06-12 20:17 | アジア代表日本