根を張るくすかき

えとうです。ついに2014年のくすかき最終日。今年もいろんなことがありました。今年のくすかきは松大路兄弟を抜きにしては語れまい。この日はたまたま兄弟の父からお祓い受けるという奇跡。その姿を見ながら尻をポリポリかく男子。
f0048597_21192518.jpg

今年もCAT参加者は少なめだったけど、それはそれで自分が楽しめる範囲で関わってくれている。トドロキメンバーもこの日のこの時間しかこれなかったけど、汗をかいて準備してくれました。
f0048597_21194592.jpg

今回の「くすのかきあげ」は4部構成になったんやけど(詳しくは五十嵐日記で)、舟当番自ら葉っぱを選ぶ。これを葉っぱの山に載せるんやけど、その大役への緊張が伝わる。「ねぇねぇ、もう1回練習させて!」と言って何度もシュミレーション。この緊張感はこれまでにないお祭りというか、神事っぽさが出てた。
f0048597_2120625.jpg

大人にも役があります。特別な掻き手を選出して打ち合わせ。おおー、祭りっぽい!
f0048597_21201750.jpg

そして太鼓の響きと共に始まりました。子どもたちが網袋から新芽を取り出して撒きます。じっと見守るイガ氏。
f0048597_21202649.jpg

そしてみんなで千年樟の根をつくる。この風景がものすごく迫力があって、厳かで、とてもよかった!
f0048597_21204440.jpg

このヴィジュアルすごい!みんなでしばし眺める。
f0048597_21205349.jpg

f0048597_21213818.jpg中に入ることを許された特別な掻き手がそれを山にする。相当な量があってかなりの重労働やけど、さすがは選ばれし者たち。










f0048597_21223128.jpgこうして、












f0048597_2123625.jpgこうなって、












f0048597_21274952.jpgこげんなるとですたい。













その山に大樟香舟を載せ、次に奉告祭へ。香りを奉納します。子どもたちも大人たちも妙に納得した背中をしてた。1ヶ月やりきったとか、今日のかきあげが無事終わったとか、そういうのとちょっと違う気がする。何かに納得していたというか、腑に落ちたというか、うまく説明できんけど暮らしのサイクルの中にくすかきが滑り込んだ気がした。
f0048597_21255821.jpg

かきあげが終わって、太宰府天満宮に感謝をしつつお片づけ。1ヶ月集めた葉っぱを油機エンジニアリングでパウダー化します。粉になった瞬間から樟脳の匂いが!抽出した樟脳とはまたちょっと違うフレッシュな匂い。畑の虫除けになるんじゃないかとか言いながら、みんな興奮してイガちゃんもこの笑顔!
f0048597_21261038.jpg

すぐさま山かげ亭に戻って直会。チームワークもバッチリで準備万端!おいしいご飯とお酒で親睦を深めました。子どもたちに感想をひとりずつ聞いてみたんやけど、「くすかきをしたら友だちが増えるのでまた来年もやりたいです!」だって。そうか、くすかきすると友だちができるのか。なんか新鮮やけど、確かに!とにかく今年は今までくすかきに関わってきた人も、今年から関わった人も、遠くの土地からこの日だけ来る人も、結局来れなかった人も、大人も子どもも、いろんな人がそれぞれの方法でくすかきにコミットしていた。ついにくすかきが太宰府に根を張った。これは記念すべき年だ。年表に書いとけ!
f0048597_21262820.jpg

このすばらしい今年のくすかきに神様からの贈り物が届きました。どうやら樟に妖精が舞い降りたようです。
みんな、また来年この樟の下で会おう!
f0048597_2134823.jpg

by cat-diary | 2014-04-26 21:19 | くすかき