定期的な取り組みその① 餃子の会

えとうです。2013年、まだまだ振り返るよー。

CAT主体の活動がなくなり久しいですが、今年もサポート系の活動を重点的にやっとります。今年は「くすかき」をよりよいものにしていくために、五十嵐さん百花堂のみんなと一緒に定期的な話し合いの場、名付けて「餃子の会」を実施中です。

この餃子の会から夏に実施した「くすかきのはなし」が生まれたり、「くすかき」が太宰府の地域の中でどのようなものになっていくのかを考えたりしよるよ、結構まじめに。
f0048597_18313552.jpg

太宰府で生まれたアートプロジェクトを、アーティストと一緒に育て上げながら太宰府にどのように波及していくのかを一緒に体験できるのはものすごくおもしろい体験。やれることからコツコツと。
f0048597_18314196.jpg

餃子の会はその名のとおり「定期的な話し合いをしたいね」ということをみんなで餃子を包みながら話したことがきっかけで始めたんやけど、会の実施にあたっては有名餃子店に先進地視察に行ったり、↑写真のように餃子鍋をつくったり、なぜか「たぬきカレー」(揚げ玉がたぬき部分)をつくったり、食に関する探求が半端じゃありません。もちろん餃子はくすかきのあり方のメタファーでもあるのだ。

by cat-diary | 2013-12-29 18:31 | くすかき