くすかきの何が楽しいのか

えとうです。今日は平日夕方のくすかきに行ってきたよ。子どもたちがいっぱい。この子たちは何が楽しくてくすかきしてるんだろ。葉っぱを掃くのが楽しい?葉っぱを集めるのが楽しい?天満宮に来るのが楽しい?普段は入れないところに入るのが楽しい?いがちゃん(五十嵐)やさっちゃんに会うのが楽しい?ハンコもらうのが楽しい?もしかしたら楽しいという以外にこいつらに何かそうさせているものがあるのかもなー。
f0048597_5544438.jpg

CATの活動の原点は、太宰府ってステキなところだからみんなにも好きになってほしい、自分たちも太宰府が好きだから。というところから始まっている。それが今は、子どもたちのために未来がよりステキな太宰府になっていてほしい、子どもたちが今の太宰府を好きでいてほしい、自分たちの故郷を誇りに思ってほしい。に変わってきている。変わっているというか、根本は同じか。樟に見守られながら過ごした今日のこの時間は彼らの記憶に残っているのかわからんけど、いつの日か大人になって天満宮に来た時にふとこの日のことを思い出すかもしれない。ステキな友だちと、大好きな大人たちと、大きな樟の木の下で遊んだことを。その時ちょっとでも幸せな気分になってくれるといいなぁ、そうなってたらオレらもちょー幸せ。
f0048597_5545042.jpg

いやー、しかし何がおもしろいんやろうね。勝手に自分で自分の楽しみを毎回見つけてる。今日は枝集めが流行。また別の日は手水舎の飲用水をがぶ飲みするのが流行。
f0048597_5572763.jpg

by cat-diary | 2013-04-16 21:54 | くすかき