広域交流人口増加社会実験と森の探検と理科の実験

えとうです。今日のくすかきは「アビスパ福岡vsギラヴァンツ北九州の観戦予定者のみなさんへ「くすかき〜太宰府天満宮〜」へのお誘い」をしてみました。結果はアビスパユニ着用男子1名、ホークスキャップ着用男子2名でした(笑)なかなかこのアプローチは難しいぞ。いつかまた実験やってみよう。
f0048597_5521183.jpg

今日は久々に朝拝から参加できました。やっぱりシャンとするね。太宰府天満宮では毎日の光景だけど、朝早いから地元ではない人にとっては見ることは難しい。転じて地元の贅沢なり。
f0048597_5521639.jpg

日々のくすかきは朝なんとなくわらわらと人が集まってきて、いつの間にか始まっている。そして終わると五十嵐さんがおもむろに話し始める。今日の葉っぱの様子、空を見上げるとまだまだ落ちてきそうな葉っぱがいっぱい。風や温度だけじゃなくて、集まってきた人によっても葉の落ち方が違うかもね。子どもが多い時は葉をいっぱい落としている気さえする。
f0048597_5522264.jpg

そして“くすのこうたき”をするために鬼すべ堂に移動。今日は子どもたちと境内に3つある岩を探しながら本殿裏の山を越えて鬼すべ堂に行きました。子どもたちが岩に惹かれてる。なんで帽子をかぶっているのか、なんでなんか突き刺さっているのか、なんでくすかきに来るといつも岩が移動しているのか。太宰府天満宮では同時多発的におもしろいことが起きてる。
f0048597_5522752.jpg

↓の動画は樟脳のひみつ。五十嵐さんの解説つきです。見えるかなー。ちっちゃいのがちょろちょろっと動いてるのが樟脳。子どもが小学生になったら樟脳つくって、樟脳船をつくってみたい。

樟脳は水に溶けずに油膜をつくるんだって。それでその油膜を作った部分が水の表面張力の力をなくすことで動くっぽい。

by cat-diary | 2013-04-14 21:52 | くすかき