アフリカン・スタードーム!

えとうです。ずいぶんとさぼってその間いろいろあったけど、とりあえず楽しかった牟田アトリエのアートキャンプの報告。久しぶりにスタードームをつくりました。毎年1回はドームをつくるというノルマは更新中。機会を与えてくれた牟田さん、ありがとうございました!というのも、CATの荷物を整理することを余儀なくされて断捨離をしてたところ、「またいつかやるけん」と言って大事にとっておいた2005年のスタフェスでつくった天幕が大量に見つかったのがきっかけでした。このままとっておいても使わんけん、これで遊ぼう!いうことで、ドームにお絵かきすることに。
f0048597_6173026.jpg

今回のアートキャンプでは、「小さな音楽会」のコーディネートでアフリカン・パーカッション・グループ「フォリカン」のライブもありで、その夜の本番ライブだけでなく、演奏を聴きながらアフリカンな気分で天幕にペイントするという贅沢なワークショップも行いました。やっぱり7年前のものと違って、やっぱりアフリカンな感じに仕上がりました。やっぱちがうなぁ、と感心。子どもが周りの環境から情報を入力して、出力する感性はすばらしい。前日にあらかじめドームをたててたんやけど、虫食いにやられてて過重に耐えきれず崩壊。当日演奏を聴きながらドームもつくることになりました。フォリカンの体の芯に響くビートに支えられながらなんとか完成!記念にみんなで記念写真!
f0048597_6173588.jpg

フォリカンとつくる楽器作りワークショップをしたり、BBQに舌鼓を打っている間に夜も更けてきて、フォリカンのライブ!とても開放的な空間になって、それこそ祝祭の宴の様相。
f0048597_6173797.jpg

どっぷり日が暮れたころには山かげ亭は、とある部族の儀式のようになっていました。心が弾めば、体も弾む。大人たちがアホみたいに楽しめば、子どもたちもはずかしがらずに大暴れ。最高のライブでした。

ライブが終わり、ドームの中に光を入れるとこんなにきれいに。大人たちはこのきれいなスタードームを見ながら、しばらくお酒を酌み交わしました。いやー、楽しかった。まだまだドームの天幕はあります。CATと遊びたい人、募集中でーす。
f0048597_617408.jpg

by cat-diary | 2012-08-01 18:15 | 報告