CAT、解散します!

えとうです。
2015年をもちましてCATは解散します。
これまでお世話になったみなさん、本当にありがとうございました。

2004年に発足して、丸12年。
なんとも中途半端な年数ですが、2年前くらいから何度もCAT存続について話し合い、ようやく解散にこぎつけました。理由はいろいろとあるんですけど、書き始めるとキリがないのでやめますが、強いてひとつ挙げるとすれば「CATでしかできないことがなくなった」ということですかね。一定の役目を終えたと…。
それにスタードームに出会って、毎年何らかの形でスタードームを作っていたのですが、今年は結局作ることはありませんでした。それもこの解散を象徴する出来事だったのかもしれません。

継続は力なりといいますが、ダラダラと続けては意味があんまりないと思います。この解散は、次のステージへと行くための起爆剤なのかもしれませんし、消火剤なのかもしれません。

CAT解散を機に、メンバーそれぞれがどのようになっていくのかはそれぞれに託されています。CATがなくなっても必要なメンバーが集まっていつもみたいに何かするかもしれませんし、ようやく肩の荷がおりたとのんびりするのかもしれません。どれが是でどれが非なのかということではなく、それぞれの価値観をお互いに認め合うということです。

本当はお世話になったみなさんと一緒に最後にパーティーでもしようかとも思ったのですが、それすらも負担に思えてしまうような状況です。なので静かにそっと終わるCATなのでした。

長年のご愛顧、どうもありがとうございました!きれいさっぱり解散です!

f0048597_17132199.jpg

2005年1月のCAT、みんな若い。みんな本当にありがとう!みんなとの思い出忘れないよ!


※今後、ブログ、facebook、twitterの更新は行いませんが、アーカイブとして残しておきます。

# by cat-diary | 2015-12-30 17:35 | お知らせ

アウェイ遠征が近づいてきた!

えとうです。初の海外遠征が近づいてきたので、実行委員会でいろいろと確認。やはり道具の運搬とか場所の調整とか、やってみないとわからないことばかり。サッカーと一緒でアウェイに行くことで精神的にも技術的にもタフになります。悩みながらも前進!

f0048597_22553337.jpg

# by cat-diary | 2015-11-02 22:55 | アジア代表日本

太宰府✖︎アビスパ✖︎ASIA DAIHYO

えとうです。大好きなものが揃ったこの日は最高の1日!太宰府市民政庁まつりからこの日につなげて、太宰府を、アビスパを盛り上げました。それに合わせて、ASIA DAIHYOのマッチフラッグワークショップも開催。アビスパとジェフのかっこいいマッチフラッグができました。国際試合のフラッグばかり作っていたので、Jリーグのチーム同士とマッチフラッグが新鮮です。当日のマッチフラッグのレポートはこちらからどうぞ。

f0048597_2247293.jpg

# by cat-diary | 2015-10-10 22:47 | アジア代表日本

「工房まる」でマッチフラッグ!

えとうです。今日は午前中に「ASIA DAIHYO」の記者発表を九博で行って、午後は工房まるでマッチフラッグワークショップです。どこかに出かけて、参加者を限定して行うワークショップはたぶん初めてだったと思う。去年、熊本や鹿児島で自由参加というのはあったけど。

それよか今日はとにかく工房まるに行けるというのがうれしくて、まるの樋口さんにはこれまで「喫茶去」にゲストで来てもらったり、いろいろとCATもお世話になっているのにも関わらず、まるには行ったことがなかったんです。しかもこんな形で行けるなんて。

f0048597_083614.jpg


障がいを持った人たちとのワークショップももちろん初めて。どんな風に色を塗るのか、僕らがしゃべる言葉はどれくらい伝わるのか、伝わったとしてもそれをどのように行動に移すのか、いろいろ事前に考えましたが、始まってみると全然心配いらずで杞憂に終わりました!みんなちょーおもしろくて、それぞれ個性が際立っているだけに、布の上でそれが繰り広げられます。

この染めのマッチフラッグワークショップをしている時によくある風景で、親子参加した場合に親が子どもを制御しようとする姿をよく見かけます。親は子どもに「汚れないようにちゃんとして」とか「スタッフに迷惑かけないように」とか「枠からはみ出さないように」とか言うんです。子どもも親の目を気にしつつ、あんまり楽しそうじゃなかったりとかするし。なんかモヤモヤします。

まるのみんなはものすごく自分の気持ちに誠実です。やりたい人だけがするし、見ているだけの人もいれば、暑いのに長時間作業する人もいるし、丁寧に塗る人もいれば、ザーッと塗る人もいる。まるのスタッフのみなさんもまるメンバーの気持ちに寄り添うように見守ります。それがとても気持ちがよくて、なんだか大切なことを思い出した気がします。

アウェイに行って言葉が通じなくても全然問題ないでしょ!と思えたワークショップでした。

f0048597_084414.jpg

# by cat-diary | 2015-10-07 09:06 | アジア代表日本

アウェイ遠征へ向けて

えとうです。8月に続いてのマッチフラッグワークショップ。少しは涼しくなったけど、でもまだやっぱ暑い。11月のアウェイ、カンボジア戦とシンガポール戦に向けてのフラッグを作ったんやけど、アウェイも暑いんだろうなぁ。選手だけじゃなく、我々も気候との戦いがある。

今回のプロジェクトからアウェイ遠征に挑戦することになるんですが、日本でもこのプロジェクトの説明をするのが難しいのに、どうやって気持ちを伝えるのかを考える…。サッカーと同じで、一緒に手を動かしたりする中で自然と伝わるのかなぁ。不安な部分もあれば、楽しみな部分もある。

日比野さんの目論見では、「アジア代表日本」だけじゃなくて、アジア諸国に「アジア代表シンガポール」とか「アジア代表カンボジア」とかできたらおもしろいなーと言っています。ホントできたらおもしろいことになりそう!

f0048597_23441095.jpg

# by cat-diary | 2015-09-13 23:41 | アジア代表日本

ヘイ、彼女。相合傘でお茶しない?

えとうです。ようやくレポートします。混浴温泉世界2015で盛り上がる大分県別府市で「別府小茶会〜日常茶景事〜」を開催しました!意外なロングセラーとなった別府小茶会もついには第4弾。別府駅を茶室に見立てて、別府のまちを借景にしました。いつものお茶、温泉、風景だけど、なんだかいつもとちょっと違うかも、なんて気分になれるかも。

先崎印の茶室は「相傘亭」と名付けました。あたかも茶室にいる2人が相合傘をしているかのよう。男女の仲を意味する相合傘やけど、「相合」には共有、共用の意味があるそうです。相合井戸とか相合牛とか相合煙管とか。なんか混浴温泉に通じるところがあるよね。

まずお客さんは駅前広場にある「手湯」で手を清めます。この手湯のモニュメントは別府ならでは。足湯は靴を脱がないけんけど、手湯は誰でも気軽に温泉を楽しめるよね。そんな観光客にも愛される手湯を蹲(つくばい)に見立てました(写真の茶室の向こう側)。

そして油屋熊八像前(写真左の銅像)で、おもしろい別府にしてくれた彼の功績を称えます。意外とじっくり見たことなくて、こっそりマントの裏にちっちゃい人が隠れてるのに気がつきました。いわば掛け軸と茶花と楽しむ感じ。

そしていよいよ茶室へ。

f0048597_445240.jpg


茶菓子は太宰府にある「梅園」のお菓子。
太宰府天満宮の神事の鬼すべにちなんだ「鬼まつば」と、木うそにちなんだ「和三盆 うその鳥」。
お湯は紙屋温泉の飲用温泉で体の内側から温泉パワー注入!
温泉を通じて別府の話を、お菓子を通じて太宰府の話を、相傘亭では会話も弾みます。
お点前は型に捉われず、すごくカジュアルに。

観光客が多い別府駅、でもやっぱり地元の人も多い。その日の夜にはアートゲートクルーズもあったり、ベップアートマンスのお客さんも相乗効果でいろんなプログラムに参加できるのがいいなぁ。この多様性と誰でも受け入れてくれる仕組みがすばらしい。自前ではHPでちょろっとお知らせしたくらいで、アートマンスのパンフレットやHPでの広報があってすごく助かる。それにいろんな相談にのってくれるし、企画をする側としてはすごく気軽に参加できました。お客さんも楽しいよね、毎日いろんなイベントがあってて、温泉に入るような感覚で気軽にイベントに参加できる。

f0048597_445874.jpg

設営前から雨になることがわかっていたけど、「行けるとこまで行こう!」と決行したもののやっぱり雨にやられました。小一時間で撤退。せっかくいい感じにお客さんが来てくれていただけに残念。

2008年に旧別府公会堂(中央公民館)で、2009年に山田別荘で、2012年に紙屋温泉で、いろんな茶会をやってきました。どれもおもしろい思い出やなー。混浴温泉世界も今年で一区切りということで、別府小茶会も混浴温泉世界を楽しむついでにやってたようなもんだから、こっちもひとまず一区切りかな。

f0048597_4453090.jpg

その日はみんなで入湯貸間で一泊。家族もどんどん増えて、子どもたちも大きくなって、蒸し料理を楽しんだり、散策を楽しんだり、雨やったけど今回もおもしろかったな。

f0048597_4454965.jpg


そういえば、CATをはじめた時の最初の企画はベップアートマンスのような企画だったなと思い出した。
当時、九州国立博物館が翌年に開館を控えて、太宰府市でどのようにまちを盛り上げていくかみたいなことを話しよったんやけど、でも結局その企画は行政的なつまらないイベントになってしまって(市のイベントだから行政的でもいいんだけど…)、それに耐え切れず自分たちでやってしまおう!と思ってやったのがスタフェスだったんよね。

今年で九博も10周年、太宰府を取り巻く状況もだいぶ変わってきたけど、自分たちが想像していた太宰府になってるのかと問われれば、想像以上になった部分もあるし、変えることができなくて残念に思う部分もある。これからまた10年、自分たちに何ができるかな。子どもたちが喜んでくれるようなまちにしたい!

f0048597_4461030.jpg

# by cat-diary | 2015-09-05 04:44 | BEPPU PROJECT

「ASIADAIHYO」始動!

えとうです。4年に1回に行われていた「アジア代表日本」が「ASIA DAIHYO」として2018年ロシアW杯に向けて動き出しました。しかも今回からはアジア予選からスタート、そしてアウェイ戦にも出張します。どうなることやら分かりませんが、日本の、福岡の、太宰府の文化を世界に向けて発信します!

f0048597_4493843.jpg

# by cat-diary | 2015-07-30 04:49 | アジア代表日本

早朝くすのかきあげ

えとうです。2015年のくすかきも最終日。日々のくすかきが早朝になったことで、「かきあげ」も早朝にシフト。5時に集合して真っ暗な中で準備。真っ暗な中からだんだん朝日が射し込んでくる風景がとても静謐できれいだった。太宰府天満宮も多くの観光客が訪れるよそ行きの姿をした昼間よりも、地元の人だけ見ることが許されるような寝起きの姿で、とても愛らしかった。

f0048597_6312769.jpg

毎年くすかきにはいろんなドラマが生まれる。その人にとってその年はどんなものになるのか、子どもたちの成長がどうだったのか、大人になって毎年どれだけ成長して変わったなんてあまりよくわからなくなったけど、くすかきによってその経年変化がわかる。そして今年のくすかきもこれで終わり。また来年会いましょう。

f0048597_6313366.jpg

# by cat-diary | 2015-04-25 06:30 | くすかき

くすかきとこども

えとうです。今年のくすかきは子どもたちが元気いい。太宰府小学校では子どもたちの自主的な広報活動があったりしたらしいよ。校区を越えての交流もあって、くすかきでしか会えない友だちもいたり、そういう意味でもおもしろい。
f0048597_6203985.jpg

子どもたちはくすかき主宰者である五十嵐氏やサポートスタッフであるさっちゃんをどういうふうに捉えているんだろう。ただの大人の友だちって感じだけど。今日もかけっこで競争とかしてたし(笑)いつか表現者としての彼らの存在に気がついた時、感想が楽しみだな。
f0048597_6204470.jpg

なんか今年はこまブーム到来。年長さんが小学生に「先生!」って呼ばれてる。
f0048597_6204837.jpg

# by cat-diary | 2015-04-18 06:20 | くすかき

くすかき、雨の初日

えとうです。かき初めからくすかき本番までCATの活動はなんもなし。あっという間に4月です。今年のくすかきは雨にはじまりました。小雨まじりだけど、早朝6時半から20人近くが集まるという奇跡。これが毎日続く行事なんて、ラジオ体操以外に聞いたことがない。
f0048597_63258.jpg

今年の葉っぱは赤い葉が多い気がします。毎年その年の特徴があっておもしろいです。落ちてきた葉が地面に突き刺さる。
f0048597_6321071.jpg

# by cat-diary | 2015-04-05 20:31 | くすかき